2017.05.2218:48

近衛家上屋敷(跡)2017年5月17日

5月17日水曜日。明日の18日御霊神社還幸祭を直前に控え各町で飾られる剣鉾探しの途中、思わぬ大発見!
17051728.jpg
真昼間12時12分、あてどなく彷徨っていたとある街角、烏丸鞍馬口を一筋西の辻。おおっ!目に菜の花畑の光景が。

17051731.jpg
反対横から

17051732.jpg
後ろから

17051733.jpg
別邸となってますが近衛家上屋敷ですね。今年の3月に石碑が建てられたばかり。こんな所にあったのか。・・実はもう10年程前かな?そっくり同じ文言の駒札が堀川一条戻り橋の東側に立ったことがある。数度見かけある日突然無くなった。郷土史研究家の中村氏ど根性でこちらに違いないと比定したものでしょう。物凄く精力的に活動されてる様で最近あちこちに同じような真新しい石碑が立つように。なお薩長同盟は龍馬の尽力によって成し遂げられたとばかりもてはやされていますがこの小松帯刀と言う傑出した逸材の裏からの活躍も忘れてはいけません。犬猿の薩長がこの固い結束により一気に明治維新へと傾き歴史は大動乱の渦の中へ突入する事となる。歴史的大転換の貴重な場所。

17051734.jpg
摂関近衛家、どれほど凄かったかと言えば、かつての九州鹿児島島津藩。この藩は源氏の流れを汲みます。武家社会になり貴族皇族の力が急速に弱まり取って代わりこの武家が天下を動かす様に。・・島津藩の広大な領地(今の鹿児島全域及び熊本宮崎半分)はそれまで長い事この近衛家の所領でありました。つまり乗っ取られた?と言えば怒られる?、あはは。

17051735.jpg
上屋敷があるなら当然下屋敷もありました。今の銅駝学区、二条大橋飛び石、旅館石長(木戸孝允終焉地)のとこ。広大な屋敷、かつては通りの上下に門があり庶民が通れるようにと(昼間)開けてくれていたそうです。昔古老に聞いた事がある。また今の飛び石、ここには戦後?辺りまで橋が架かっていた(夷川橋)。地元の古老は記憶にある。この橋も庶民を不憫に思った近衛家がぽいと大枚はたき架けられたものです。鴨川夷川橋で検索すれば僕のブログが、

17052124.jpg
ポスター

17042001.jpg
堀川第一橋の川底にこんなのが。これもつい最近。あれもこれも歴史的価値ありで、目が点に・・多過ぎ、あはは。
2017.05.2214:36

2017年5月の東寺弘法さん&祭りの剣鉾

5月22日月曜日。14時現在気温31℃そよ風。今日も空には雲一つない青空が広がる。この程度の気温だと昼間は扇風機で凌げますが、風が止む夕方から蒸せる暑さに。
17052106.jpg
昨日21日日曜日5月の東寺弘法さん。11時半東門から。
17052107.jpg
大師堂へ
17052108.jpg
お大師今月のお言葉
17052109.jpg
まあまあの人出。暑さ慣れしていない観光客は昼からの目まいを覚える暑さに早々に帰り支度です。これから夏の弘法さんは午前中に集中。
17052110.jpg
ない品はないほどあらゆる物が揃うのが東寺弘法市。最近は持ち帰りに便利な小物が殆ど。
17052111.jpg
南大門横の修行大師
17052112.jpg
南大門から。何一つ変わらぬ東寺弘法市。月日は流れ次の世代その次の世代になってもこの景色は何ら変わらないでしょう。悠久の歴史東寺弘法市でした。
17052019.jpg
同じ21日、この日は三つのお祭りがありました。壬生寺と並ぶ梛ノ宮神社のお祭り、剣鉾。何か所かで飾ると言う事ですがどこなのかさっぱり?いつ時代誰からの寄進なのか?世代が変わり飾る意味さへ?廃れつつある危機的状況。何とか保存を。
17052017.jpg
下御霊神社のお祭り
17052020.jpg
ここは頑張っています。毎年必ず飾る。
17052021.jpg
当家飾りと言う。こう言う町屋が現在急速に姿を消しています。
17052018.jpg
御池大橋渡り鴨東仁王門一帯。江戸時代大火で御所が燃え拡張工事で強制的に移住させられる。町名及び通り名までそっくりそのまま移転(新が付く)。この新洞地区に三つの鉾がそっくり現存。
17052023.jpg
下御霊神社で一番古い剣鉾(500年前)
17052025.jpg
その三つの鉾のいわれ。クリックビッグサイズで。
17052022.jpg
以下)十日ゑびすのえびす神社もこの日がお祭り。全く知られていませんが今も立派な鉾が何カ所かで飾られます。
17052015.jpg
4つの町内持ち回りで飾る龍鉾。今年は恵比寿神社目の前に飾られていた(4年振りに見る)。
17052016.jpg
松原上がり六波羅蜜寺近くロクロ町の松月鉾。これも立派ですねえ。道行く人が見かけては盛んに記念写真撮ってました。
17052026.jpg
万延元年(1860年)、調べると桜田門外の変。明治維新に向け世の中が一気に動き出した大激動突入の頃。平穏を願って作られたものでしょう。
2017.05.2122:18

旧府庁に下御霊神社神輿差し上げ5月21日

5月21日日曜日。一昨日今年初の真夏日30℃となり昨日は32℃、そして本日も同じく32℃。されどお祭りは敢行強行。
17052103.jpg
11時13分、チャリは東本願寺前を行く歩行者と抜き付抜かれつのデッドヒート繰り広げ・・

17052104.jpg
11時33分、5月の東寺弘法さんをほっつき歩く。

17052102.jpg
12時56分、坊城後院角、出発直前の梛ノ宮神社大行列。行った人はわかる筈。多分間違いなく京都で一番長い大行列。遥か後ろまで続きます。

17052101.jpg
下御霊神社のお祭り。朝から丸一日歩き通し。16時36分最後の力振り絞り旧府庁前で全力差し上げ若宮神輿。

17052105.jpg
そう、今日も帰ったのは17時過ぎ。暑さと祭りのダブル熱中症にかかりギブアップ寸前。恵比寿神社お祭りは同時出発でどうしても間に合わず来年に持ち越し。どなたか行かれたかな?南座前で差しあげるんですが・・
在庫写真たまりにたまり身動き取れない状態に、あはは。
2017.05.2021:05

京都真夏日明日は3つのお祭り5月20日

5月20日土曜日。気温急上昇。昨日今年初の真夏日30℃超えを観測。そして本日更にUPの32℃と今年最高を更新。
17052001.jpg
こんな沸騰点に達したようなの見たら余計に暑く感じる。実際はそよ風が吹き慣れるとそんなに暑くは感じない。明日も32℃予報。最低が段々上昇中でこれが25℃越えると寝つけずエアコンの季節となる。なるべく自然の風に慣らした方がいいのですがね風のない夜は蒸し返す(汗がにじみ出る)。京都の暑さは半端じゃない。本日今年初めて半袖での外出。
17052002.jpg
明日21日は3つの神社のお祭り(東寺弘法さんもあるがどうしようか悩む)。11時過ぎ先ず壬生の梛ノ宮さんへ。今夜の宵宮は昔ながらの大活況。露店は四条通沿いに手前坊城から日写の先中新道まで永遠続く。神社はちっちゃいがその規模が如何程かお分かりになると思います。
17052003.jpg
鳳輦以下神社側の準備。これに各町内から繰り出る剣鉾(6基)神輿その他諸々諸行列。ほーっと驚く大行列での巡行です。壬生総力挙げてのお祭りの様相。
17052004.jpg
先頭は壬生伝統の勤王鼓笛隊。京都独自の巡行です。
17052005.jpg
こう言うコース。上は三条下は松原と結構な領域。今尚地元の信仰心は篤いですよ。
17052006.jpg
14時16分下御霊神社。こちらも今夜が宵宮。寺町二条~丸太間歩行者天国となります。ガキどもが走り回る昔ながらの光景。・・ちょっと悲報ですが、このゴールデンウィーク直前、宮司が亡くなられたそうです。酒が好きだったらしい。物静かで実直で柔和なお人柄で歴史の生き字引のような人でした。謹んでお悔やみ申し上げます。
17052007.jpg
されど祭りは敢行。数か所残る剣鉾の一つ重(かさね)菊鉾。
17052008.jpg
枝菊鉾さんとこ
17052009.jpg
ビュッと飛んで鴨川渡り新洞地区の葵鉾
17052010.jpg
恵比寿神社も明日です
17052011.jpg
鳳輦と左が特注ミニミニスリム神輿。大きな神輿があるのですが5年前まで出して飾ってましたが今やそれさへ担ぎ手がいなくなっている。終戦後長らく盛大なお祭りが続いたと言います。
17052012.jpg
ここは「山」。祇園祭の山より大きい。だがもう5年ほど飾られていない。世代が変わりなぜ飾るのかさへわからなくなっているのが現状で、伝統と言うのもはこうやって廃れて行く。一度廃れると2度と元へは戻せない。
17052013.jpg
四条縄手近く、ウサギ鉾と言うらしい。愛嬌たっぷりの鉾。えびすさんの鉾はすべてえびすさんの笑顔。
17052014.jpg
右に六波羅蜜寺の六道の辻、ロクロ町(実際掘り起こせばがい骨がゴロゴロ出てくると言う)の松月鉾。これも立派な鉾です。
今日あちこちで話が過ぎ帰宅したのは夕方。写真選別到底間に合わずtt駅頭に抽出しての間引きブログ。明日のお祭り、気温32℃、3か所は無理みたいだ。・・なお先週14日5つのお祭りブログですが。もう一つありました。聖護院の須賀神社。結構大規模なお祭り。昨年のブログでも見てください。暑さとビールとでもうグロッギー!
2017.05.1917:48

加茂街道をゆく御霊祭列207年5月18日

5月18日木曜日。見事な日本晴れ27℃。この15日が葵祭なら18日は御霊祭と相場は決まってます。御霊神社は古式に則り5月1日吉府入、以降様々な儀式を経て本日18日がクライマックス還幸祭(祇園祭で言えば山鉾巡行です)。頑なにこの18日を守り通し神社の辛苦は想像を絶するものがあるようです。参加者は全員有給休暇!あはは。だがおかげで年々知名度UP,今や京都を代表するお祭りに数えられる程に。
17051822.jpg
今年の巡行コース。氏子地域が余りに広過ぎ1日では回り切れず毎年東西に分けたコースとなる。北は上賀茂橋まである。対岸は賀茂社西は今宮神社、三つとも巨大な勢力図。今年は今出川までしか下がらない。・・最後に昨年の写真あり。
17051823.jpg
待ちきれずチャリは賀茂川へ現れる。15時18分ついに現れてきました。
17051824.jpg
加茂街道を一路南下。・・15日葵祭行列と逆。
17051825.jpg
結構な行列です。・・だが見物人極めて少なし、とほほ。
17051826.jpg
見える山は大文字
17051827.jpg
これはなんでしょう?
17051828.jpg
牛車(御所から下賜された本物の御所車と聞きます)
17051829.jpg
武者行列
17051830.jpg
本社還幸列最後は御霊太鼓。僕の顔見ると急に大人しくなった。なんで?
17051831.jpg
八乙女らお稚児さんたち、バテて車での巡行。正直葵祭以上に歩く。
17051832.jpg
続いて庶民の祭りと言うか神輿通過
17051833.jpg
先頭は小山郷。今出川口と交互に変わるようですね?・・小山郷は六斉念仏が今に残る団結力抜群の豪農地帯。今尚その結束力に揺るぎはない。
17051834.jpg
次は今出川口
17051835.jpg
どうしても都会の神輿(洛中の神輿)と言うイメージが拭えませんがどうなんでしょう?
17051836.jpg
最後が末広神輿。正式には出雲路神輿。その出雲路橋のところで。自分らの勢力範囲とあって道中あちこちで「えらいやっちゃえらいやっちゃ♪」の大合唱。この囃しは誰が考えたものでしょう?京都ではここしかないし全国的にも非常に珍しいのでは?・・この音頭取りのお兄さん、ほれぼれする肉体美、かっこいい!
17051837.jpg
声が枯れ果て力果て、よろよろ加茂街道を一路南下。しんがりは宮司。
17051838.jpg
チャリは先回りで次の出町枡形商店街へと急ぐ。道中の寺町阿弥陀寺。信長忌は6月2日(本能寺の変の日)。
16051803[1]
ここから昨年5月18日の御霊祭の様子。昨年は11℃から29℃と体がおかしくなった。
16051831[1]
昨年は逆コース。14時31分堀川第一橋(中立売橋)から下がるこれは今出川口神輿?
16051841[1]
15時前下長者町通に大集結。ここで小1時間の休憩。後ろの森は京都御所と大文字が見える。休憩所は護王神社さん。身動き取れない大混雑でした(昨年のブログ参照)。・・結局御霊神社の領域は北は上賀茂橋(上賀茂神社御園橋一つ下)から下はここ下長者(正式には出水まで。下御霊さんが数年前から出水まで上がる様に。この出水が上下御霊社の接点の様です)。余りに広過ぎその実態は神社以外誰も?あはは。
なお御霊祭クライマックス御所編は写真選別苦痛となり済み次第ということで・・
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR