2018.06.1619:01

高瀬川万寿寺橋の紫陽花6月16日

6月16日土曜日。今日は昨日の22℃小雨から一転、時間とともに眩い青空が広がるすがすがしい日本晴れとなりました。
18061611.jpg
からりと晴れ渡りチャリはそよ風に乗ってすいすい。11時56分だん王法林寺のポスター眺め・・

18061612.jpg
12時01分祇園白川の紫陽花。今年ここはかなり咲きが悪いがやっと大粒が咲きました。・・全体今年はほんの僅かな開花となっています。
18061613.jpg
12時12分松原橋東詰のプチ公園。この青もやっと見頃となった。
18061615.jpg
微笑みかけるハイビスカス
18061614.jpg
12時16分木屋町沿いの紫陽花

高瀬川万寿寺橋の紫陽花
18061616.jpg

18061617.jpg
是非クリック拡大で!
18061618.jpg

18061619.jpg

18061620.jpg
蜂が飛んでいます
18061621.jpg
花の命はあっという間。それは紫陽花とて同じ事。
いつまでも見頃と思うな花と嫁、あはは。
2018.06.1618:18

今日は良く晴れました6月16日

6月16日土曜日。昨日22℃終日小雨から本日は真っ青い空が広がる快晴となる。
18061601.jpg
昨日発生した台風6号、弱小ながら本土を狙う好位置を進行中。
18061602.jpg
10時半チャリはそよ風に乗って快進撃

18061603.jpg
今年の紫陽花はどこも元気モリモリ

18061604.jpg
矢車草が今頃咲いていました

18061605.jpg
11時29分二条城南東櫓。ここの50M区間のみなぜか自転車は歩道を走るようになっており、この措置を始めた早々(もう5年前か?)悲惨な事故を間近で目撃。チャリのおばさんが跳ね飛ばされた。車は2車線走行も50M先で突然1車線となり自転車走行区間となる。はっきり言って滅茶苦茶な線引きだった。5年経って愚かにもやっと間違いに気づいたかと言いたくなります。あちこちで当て逃げが発生中。特にここは実に判断しずらい線引きとなっており、ある意味車は被害者と言えそうだ。真っ直ぐ走れないお年寄りや幼児はなぜ歩道を走らせないのか?ここの歩道は5Mあります。

18061606.jpg
11時32分御池通を突き抜ける。ここも自転車の方が圧倒的に多いのですが白い線右側の狭い方が自転車走行区間となっったまま。
18061607.jpg
上下)11時46分木屋町御池の紫陽花。満開見頃続くもそろそろ色褪せてきました。京都では6月いっぱいで見納めです。
18061608.jpg

18061609.jpg
11時49分御池大橋通過。空と川が一体化し壮大な景色だ!京都では貴重な空間です。
18061610.jpg
11時53分三条大橋東詰だん王法林寺にいち早く咲いた「月ノ兎」は早やこんな姿に。
2018.06.1617:01

2018年台風6号発生6月15日

6月15日金曜日。今日は明け方雨音で目が覚める。ちょっと激しく降ったようだ。
18061501.jpg
本日朝9時台風第6号GAEMI(ケーミー)発生。これで4・5・6と立て続けの快進撃中。
18061502.jpg
最低と最高が急接近。日中は小雨交じりも手伝い鳥肌が立つようなひんやり寒さでした。

18061503.jpg
10時41分東本願寺南堀。花蓮「淀姫」いまだ開花の兆しなし。ここだけ相当遅れている。

18061504.jpg
10時48分訳ありで京都駅へ。2階建てバスはここから出ます。屋根がないので雨降りの日は乗り手がない。・・意地でも屋根を付けないようだ、あはは。

18061505.jpg
11時13分東寺手前、大宮八条交差(西側の方)。ここでの事故は実に珍しい。大変危険な場所で地元ならわかっていますが、自転車は車道を走れとなってからあちこちで発生中。いくら自転車の方が悪いと言っても逃げるのは犯罪ですよ。

18061506.jpg
11時16分東寺東門到着。今日は弘法大師お誕生日「降誕会」。
18061507.jpg
東門入って左手の池にまだ僅かですが蓮がにょきにょき開花中
18061508.jpg
毘沙門堂脇に紫陽花と、ここにもまさかの百日紅が開花していた。ここは毎年遅い筈だが・・
18061509.jpg
東寺ではお祝いに講堂裏手の芝生で夥しい園児たちが全員正座し、付属校ブラバンの音楽に乗って次々と弘法大師の象(花御堂)に甘茶を掛けますが本日は朝方かなり降り中止となった模様。代わりに御影堂向かいの大日堂が舞台。
18061510.jpg
終わったようで園児たちが出てきました。
18061511.jpg
もぬけの殻となった堂内、御詠歌コーラスガールたちの歌声が静かに流れていた。・・像はお釈迦様ではなく弘法大師が手を合わせている姿でした。

18061517.jpg
・・本日はこんなもん食ってほろ酔い気分の1日でした。
2018.06.1418:01

街角に百日紅開花6月14日

6月14日木曜日。今日まで天気で明日からやっと本来の梅雨らしいぐずついた天気が続きそうです。明日の最高は24℃予報。
18061401.jpg
今朝は15℃まで下がり明け方毛布にしがみつくように目が覚める。

百日紅まさかの開花
18061402.jpg
今日は27℃止まり、昼から曇り。少し蒸し暑い1日でした。11時08分、何時ものスーパー巡りから御所へ向かう途中街角でふと百日紅の開花が目に留まる。
18061403.jpg
まさかと思いチャリ飛び降りじっくり観察も、間違いなく百日紅。これは有り得ない早やさです。まだ子供みたいな若木で風の当たらない日当たりの良い場所に付き狂って開花したものとも思われます。・・気になり三条大橋西詰スタバのピンクの百日紅(毎年京都最速開花)へ寄ってみるも全く蕾以前の段階でした。京都では普通梅雨明けの開花です。この開化は前代未聞の珍事。

18061404.jpg
あざみですが、これはアメリカ産のでっかい何とかあざみ。市が珍しいと思って植えたみたいですが(ちゃんと名札まであった)、繁殖力旺盛で今やセイタカアワダチソウの如くどんどん増えています。棘が針のように鋭く極めて危険な花です。完全除去すべきでしょう、街中あちこちで咲き始めている。

18061405.jpg
11時52分御苑出水の小川南端、大楠と紫陽花。御苑の紫陽花は毎年相当遅く咲きます。ここもまだこの1輪のみ。

18061406.jpg
上下)11時54分閑院宮通過時この幟が。福島県フェアと言う(御苑)初の試み。すっかり忘れていて覗いてみれば展示販売は昨日までとの事(一応明日まで開催となっている)。・・だがどうにも会津藩の懐古的催し物に見える。震災復興(支援)展であれこれ買いたかった・・
18061407.jpg
全国的には明治維新150周年、京都では(二条城)大政奉還150周年、こちらは戊辰(戦争)150周年。様々な立場がありこれ以上は言いたくない。

18061408.jpg
閑院宮奥の紫陽花
18061409.jpg
同じく
18061410.jpg
さらに奥の小川のとこ、半夏生が見ごろとなっていました。
18061411.jpg
傍に、これは浜木綿。海岸に咲く花とばかり思っていたがそうでもないみたいだ。検索すればこの大輪タイプはインドハマユウとありました。ますます?
18061316.jpg
昨日の写真、百合そっくりで百合ではない、浜木綿の仲間か?だが葉が全く違う、なんだろう?・・早速メールが届きました。ヘメロカリスと言う花だそうで早速検索してみたところ、一番最初の写真がこれでした。恐れ入り谷の鬼子母神、あはは。聞いたこともない名前、まるで絶滅した恐竜ではないか。キスゲの仲間という事ですがこちら関西ではそれも見たことがない。わかり易くキスゲ百合とでも命名すれば親しみが持てるのですがね、こんなイメージ違いの空恐ろしい名前は拒絶反応しか生まない、あはは。メール有難うございました。まるでマンツーマンの指導だ、あはは。

18061412.jpg
13時11分丸太町橋通過。東詰の蘇ったマンモス君見つめチャリは90度右折で帰路の途へ。
今日は以上です。明日は遅くなりそうで多分ブログは休日予定。
2018.06.1317:01

5年ぶり藤森神社の紫陽花へ6月13日

6月13日水曜日。台風は去り何事もなかったかのような青空で朝を迎える。
18061301.jpg
最高が25℃と涼しい1日でした。
6月なのに雪! 北海道ぶるぶる…肌寒い朝 峠に雪が積もる。
13日の北海道は寒気の影響で北見市の石北峠で雪が降るなど、各地で肌寒い朝となりました。(北海道ニュースUHB)
18061302.jpg
今日は久々、5年振りかな?藤森神社の紫陽花へ行ってみようとチャリは猛然と家出!9時36分東本願寺を突き抜ける。題して京都タワーと紫陽花とねむの木。先ほどメールがあり昨日の筆のような草はシロバナネムノキ。調べるとどんぴしゃ。有難うございました。最近ねむの木の鉢植えをよく見かけ、触ってもピクリともしませんね。人間慣れしたのでしょう、あはは。
18061303.jpg
鴨川渡り・・
18061304.jpg
京阪の踏切通過・・
18061305.jpg
一直線の本町通り(旧伏見海道)へ出てひたすら南へ向かう。橋には伏水街道と銘打ってあり地元では今もこちらを多用しているようです。酒どころ伏見は水だらけだ、あはは。
18061306.jpg
9時59分伏見稲荷通過。列車が着く度に満員の観桜客がはじきだされる。9割は例の外人さん。おかげで本町通りは常に大渋滞となっている。
18061307.jpg
深草を抜け10時08分藤森神社到着。東本願寺から30分。京阪に乗れば逆に時間がかかる。
18061308.jpg
5年ぶりの紫陽花。神社の左右2か所に植えられている。5年前来た時はこのポスターのような咲きっぷりだった。今年はどうかな?心わくわくドキドキ。
18061310.jpg
入場料は300円のままだ。ポケットには500円玉しかないのである、あはは。300円払うと入場券の代わりにこのお守りが貰えます。実はこれ欲しさに遥々訪れたのです。この5年間毎日朝は願掛け夜は感謝の気持を欠かさずお陰様で無病息災。古いお札を巫女さんに預けいざ紫陽花の森へ・・
18061309.jpg
入った途端、急速に固まる。あじあじあじ、紫陽花がない!\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
18061311.jpg
想定外、驚きの大不作、神社創建以来のまさかの事態か?殆どの株が咲いていない。
18061312.jpg
2番目の紫陽花の森。ここ藤森神社は武士のお詣りが盛んでした。江戸年間幕府直轄領として特異な発展を遂げておりお祭り一つとっても洛中のそれとかなり趣が違います。こちらは江戸文化の色彩濃厚。
18061313.jpg
見物人みな早足。あっという間に終了。・・それでも今日も神戸ナンバーの観光バスが来ていました。・・コメの作柄指数、100を基準とし80%でも不作と言います。今日紫陽花の咲き具合は10%程か?それ程ひどい状態だった。原因は全く?その証拠に御池通の青紫陽花・真如堂・智積院の紫陽花、見事な咲きっぷり。・・何となく、柿のような表と裏年があるのかな?そう巫女さんをなだめ神社を後にする。
18061314.jpg
帰りは緩い坂道。ゆっくりゆったりのんびり走る。
18061315.jpg
伏見稲荷通過。街道の宿場町をイメージ。・・昔のお稲荷さんはそりゃとても静かでひっそりと佇んでいたのですがね、今や清水寺同じく京都人は誰も行かなくなっています。網走番外地状態、あはは。

18061316.jpg
11時14分豊国神社まで戻る。正面の公園、紫陽花と手前は百合のようでそうではない。葉や茎が全く違う、でも咲くのは同じ時期、なんでしょう?前は名札があったが見当たらなかった。
今日は以上です。
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR