FC2ブログ
2012.07.0117:35

◎祇園祭り・幻の御射山◎

文月。7月1日の今日は朝もはよから降るわ降るわ、好きなだけ降っております。先ほど14時前パソコン10分雨雲レーダー見つめもう止むと判断飛び出たまでは良かったが、やはり濡れては雨宿りの連続。でも帰ってから現在土砂降り。
070108.jpg
あれだけ降った割には鴨川の水位は余り上がっていない。飛び石が見える。

070109.jpg

070110.jpg
こう言うところをうろつき・・

今日1日から吉符入の八坂神社前をポーカーフェースで走りながらもちらりちらりと右目に見あげたり・・
070101.jpg
お稚児さんの社参は10時なのでとっくに終わってる。街中へ戻り長刀さんの町会所をパチリ。ここはいつ頃こんな近代的なビルに代わったのかな?もう15年くらい?

070102.jpg
静まり返った商店街を真面目にチャリンコテクテク押しながら家路を急ぐ。

京都の街中に諏訪神社は二つあり・・
070103.jpg

070104.jpg
こちらは尚徳の諏訪神社です。かなりこじんまりですが内容は駒札の通り。


070107.jpg
場所は変わり街中、東洞院蛸薬師角の「御射山公園」です。町名もそのまま御射山町ですが僅かですね、境が良くわからない。この地にかつて「御射山」」と言う祇園祭の「山」があったそうです。焼山でしょうが、資料も何も全く残っていない。言い伝え口伝で確かにあったと言うのは事実です。


                 070105.jpg
この人、坂上田村麻呂が桓武天皇最後の夢を託され授かった帯刀を先頭に3万人規模という国家上げての大軍で東北蝦夷(えみし)制圧に出陣。この話は歴史になるのでここまで。途中信濃の諏訪大明神にお参りし必勝祈願を掛けそれが功を奏してか、ついに制圧に成功。その後都へ帰り、その諏訪大明神を京の都へ勧請したのが(尚徳)諏訪神社です。

・・つまりその当時から諏訪神社はもうかなり大規模で有力な神社であり、さらに古くは出雲の国譲りであれこれとここが関係していますね。相当古くからある土着信仰の中心地、その大明神に願掛けと言う事ですが、どうも、ここの大勢力を味方に付けその勢いで攻め込んだようです。それで感激し都へ・・。


070106.jpg
現在の諏訪神社。御射山と言うのはここの末社扱いみたいで詳しい事は知りませんが、諏訪神社=御射山。この御射山町の「山」は江戸時代の大火で消え失せた。確か宝永の大火=1708年(宝永五年)の火事だったと記憶にあります。そして町名のその名の如くどうもこの地に田村麻呂が勧請した諏訪大明神そのものがあったと推測されます。・・もはや推測以外語れませんね。全く資料一つない。あれこれ言い伝えをまとめそれをまた言い伝える。

何のことか良くわかりませんが、この地に江戸時代「御射山」」という山があったのは事実です。これまた推測ですが、その祭神は間違いなく坂上田村麻呂であったと確信しています。来年大船鉾が奇跡の大復活ですが、この山が万が一復活したら一体なんて表現したらいいのでしょう?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR