FC2ブログ
2012.05.2409:19

京都◎ホタルの名所◎

「紅葉の永観堂」から「哲学の道」へ緩い坂道をテクテクとチャリンコ押しながら進む。

052313.jpg
新緑の東山(一応東山連峰)

哲学の道
052314.jpg
スタート地点の若王子神社の所から蛍は湧く。ずっと進みカーブの所の鬱蒼とした森辺りにもかなり湧きます。さらに進んで行くと程なく「大豊神社」の所へ。

052315.jpg
052316.jpg

052317.jpg
ここが一番密集して湧きます。ピーク時は凄いですよ。肩に頭に手のひらに・・、遠慮なしに停まって来ます。・・毎年いつも地元新聞がホタルが湧いたと週末にコメントするため翌土曜日はとんでもない見物人が!大分前ですが、目茶苦茶な混みようでまるで葵祭みたいな身動きが取れない年があった。まじですよ。その時は、銀閣寺道(今出川通り)は目茶苦茶な混みようで、なんじゃこりゃ?・・あとにも先にもその7年くらい前の期の狂ったような大混雑をピークにさすがに懲りたのか?最近はかなり少なめ。だが、ピーク時になればどこから情報を仕入れるのか?タクシーで次々と来ます。

052318.jpg
静まり返った民家が並ぶので地元の皆さんはかなり迷惑をしています。哲学の道のいたるところに「静かにお願いします」と張り紙が。ホタルを見に来る、それ以外の人はお断り。とにかく静かに!・・実は、大体毎年もうそろそろ湧いてもいい頃だがとあれこれ探るもまださっぱり。だが今日から気温がかなり上昇見込みでホタルもたまらず顔を覗かせるに違いないと睨んでいます。
日がどっぷりと暮れた夜の8時頃からおもむろに警戒しいしい湧いてきます。そしてピークは21時頃かな?ピーク前はなぜかこんな山奥なのにアベックがかなり散歩しておりその合間を縫ってチャリンコで探索。

なお、最近ここらも人出が多過ぎるためか?ホタルが湧くのは大体今言った「若王子神社~大豊神社」あたりまで。それから銀閣寺までは殆どいません。更に一番下の写真、大豊神社の所の疎水の側面が新しくやりかえられて裸になっている。一番湧くところなのですが、今年はどうでしょう?草が刈り取られているのでその部分は先ず駄目ですね

岡崎神社前を通過・・
052319.jpg

そのまま一気に下鴨神社へ直行・・
052320.jpg
052321.jpg
本殿横の「御手洗川」です。昔はここからブクブク水が吹き出ていてそれを模した「みたらし団子」の発祥とか。ここでいまでは恒例となった「ホタルの夕べ」なるかなり大規模な催し物が執り行われます。今年は6月9日(土)です。ホタルを放つのは夜8時。

052322.jpg
尾形光琳の紅梅。ちゃんと実がなっていました。

052323.jpg
この楼門入って直ぐのところに、人間の背丈ほどの鶏小屋みたいなのに蛍は閉じ込められています。当日昼間行ったらお目に掛かれますよ。そして中を良く見てください、笹の葉っぱが敷き詰められて、その上になんと二葉葵が。

052324.jpg
昔はこの糺の森にも自然に湧いていたそうですが今は全くいない。この「ホタルの夕べ」の主役たちは山陰の奥から捕ってくる。昔は800匹だったが最近は600匹らしい。この日は色んな催し物があり(最近どんどん増えている)人出が凄いですよ。そして夜8時のホタルを放つ時はもう身動きが取れない。フラッシュが凄い凄い!もう目茶苦茶状態。だがカゴを開けても蛍は直ぐには飛ばない。かなり時間をかけ、最初の一匹が飛び立つとそれから一斉です。・・いつの年だったか、物凄く冷え込んだ年があり開け放っても寒すぎてホタルは笹の葉にしがみついたまま。業を煮やした神社側はなんとそのホタルがまぶりついている笹を次々と御手洗川の水面にバシンバシンと打ち付ける。たまらずホタルは逃げるように飛び立った。あれはちょっとむごかった。


鴨川を下がり丸太町橋へ
052325.jpg
052326.jpg
橋から降りて下がって程なく「納涼床」の下を流れる「せせらぎの川」がここから姿を見せます。この橋の所が秘密の穴場。かなり湧きます、地元しか知らない穴場なのですが、そっと・・。毎年地元のみなさんが後生大事に育ててくれたおかげです。


052327.jpg
二条大橋から。ホテルフジタ横の所ですね。飛び石のところ(夷川)から先ほどのせせらぎの川が現れる所までがかなり湧きます。前はフジタのお客さんたちがたまに来ていましたが今はそれもなし。地元民だけの静かなあなばです。・・そしてここらから上の方、鴨川を北上していくと、まさに自然に湧く夥しいホタルの群れに遭遇します。うじゃうじゃ湧き驚きますよ。余り知られていませんが、鴨川にも蛍は湧くのです。ただし、川の東側は風がかなりきつい、よって西側沿いに集中して湧くようです。じっくりと、散歩がてら歩いてみてはいかがでしょうか?いつぞや、一匹発見し、チャリンコ降りてみたところ驚くほどのホタルの群れに時が経つのを忘れそのホタルの群れに取り囲まれていました。見渡す限り一面ピッカピッカ。


052328.jpg
京都御苑・九条邸の池です。ここでも湧くそうですが、いつ幾度行ってもついぞ発見したことがない。だが湧くと言う。どなたか情報を!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR