FC2ブログ
2012.05.2017:38

◎下御霊神社・宵宮と本祭◎

本日5月20日は3つの神社のお祭りが執り行われました。

先ずは下御霊さんから・・
51937.jpg
51938.jpg
51934.jpg
51935.jpg
51939.jpg
51945.jpg
昨夜の宵宮の光景。夜19時半頃。寺町の二条~丸太町間完全通行止めの歩行者天国。12灯(12提灯と変えた方が良いと思いますよ)と子供みこし(これも樽神輿ですね)が戻ってきました。少子化で毎年減っているようですが、それでも境内の中は子供たちの無邪気な叫び声や笑い声が響いていました。

そして今日の朝・・
052001.jpg
鴨川にこのようにV字型で糸を張り巡らせています。これは何でしょう?・・実は間もなくアユの稚魚を放流=アユ解禁を前に、それを狙う川鵜の撃退の為です。これでで全く近づかないから不思議ですね。

052002.jpg
四条~三条大橋中間にある石の所に実に珍しく、黒の鵜と白のサギ、岩の上に鴨が並ぶ。これは実に珍しい光景です。

052003.jpg
河原町荒神口下がるの「枝菊鉾」です。まるで祇園祭みたいですね。

神輿の行列と神社本体の神幸列は別の巡行コース
052004.jpg
052005.jpg
052006.jpg
052007.jpg
052008.jpg
河原町丸太町交差点。交通を完全に遮断し思い切りの差しに大歓声でした。

この頃本社の神幸列は早くも鴨川を渡っていた・・
052009.jpg
052010.jpg
052011.jpg
052012.jpg
052013.jpg
052014.jpg
052015.jpg
052016.jpg
昨日も言った通り、ここら川端の仁王門一帯は町名や通り名を見ればわかりますが街中の麩屋町~車屋町までの通り名そのまま並んでいます。ただし頭にすべて「新」が付く。つまり宝永の大火で御所拡張の為ごっそり強制退去の形で移動させられて作られた町並みです。だが郊外が幸いしたのか、昔のままの姿が現在に残る貴重な一画です。鉾を飾る「町会所」も今ではほとんど見られない昔そのままの作り、構えです。極めて貴重ゆえ何としてでも保存を!・・現在祇園祭で残るのは半分くらいですね。あとはみな高級マンションの一角に代わっています。菊水さんとこもほんの僅か5年くらい前にマンションに代わってしまった。

この鴨東に残る下御霊さんの「鉾町」は3つ。みな今も現役で写真の通りです。何とか京都市の方も保存の検討を!

この後行列は鴨川を戻り今度は西へ、堀川辺りまで~丸太町超え府庁近くまで繰り出す大冒険の旅が続きます。大変だ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR