FC2ブログ
2012.05.1917:21

◎御所の御霊神社神輿◎

昨18日、真っ青い日本晴れ、そして思わぬヒンヤリとした気温に御霊神社神輿は元気よく練り歩く。


51810.jpg
51811.jpg
ちょうど烏丸今出川の交差点を通過中。下)獅子が見物人の中へ入り込み、男の子が恐怖の余り泣き叫びながら蜘蛛の子散らす。

51814.jpg
どんどん通過。この後直ぐに御所へ入る。

この大きな十字路は小山郷の領域
51817.jpg
51818.jpg
51819.jpg
51820.jpg
51821.jpg
51823.jpg
大きく目一杯、右回りに辻回し。そして交差点ど真ん中での差し。思い切りの力と思い切りの声を上げ見た目も鮮やかな豪快すぎる差しでした。まさに絵になる瞬間。・・ただしこの間約20分すべての車両は待ちぼうけ。だが誰ひとり文句言う奴はいない。京都ならではでしょう。


51825.jpg
最後の行列が過ぎ、再び思い出したように烏丸今出川の交差点は普段通り喧噪の幹線道路へ戻る


場所を移動し後を追うように御所へ
51827.jpg
51829.jpg
51831.jpg
51836.jpg
51837.jpg
51838.jpg
51839.jpg
51842.jpg
三基の神輿が同時に差しています。ド迫力。

51843.jpg
51844.jpg
51845.jpg
51846.jpg
51847.jpg
御所北口・今出川御門を入った所です。宜秋門前に神輿が入って来たのは3年前から。宮内庁の許可が下りたらしい。そして今年から新たに牛車も許可される。実はこの牛車は時の帝後陽成天皇からの御寄進らしく、「鳳輦」だったのです。これは確実な真実です。

それは1600年の事と言いますから、つまり、関ヶ原の戦の年ですね。この天皇は、信長・秀吉そして家康と大激動期を生き抜いた天皇。聚楽第行幸で有名ですが、次々を争い事が起き落ち着かぬ日々に、怨霊のせいなのかもしれぬと藁をもすがる気持ちでこの御霊神社へ「鳳輦」を託したのかもしれません。つまり、この「鳳輦」に乗るべき本来の神は、神社に眠る数々の悲運な霊たちではなかったのでしょうか?


51848.jpg
51849.jpg
こうして最後の末廣会」の神輿が差し、今出川御門を後にする。再び静寂の御所に戻る。

パート2へ・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR