FC2ブログ
2012.05.1715:11

◎管大臣神社祭・猛煙の中の飛梅◎

この5月12・13日両日に渡り執り行われた地元恒例のお祭り。インターネットのお蔭か、年々見物人が増えています。

051217.jpg


初日先ず最初 聖護院山伏勢ぞろいのお練りから
051218.jpg 051219.jpg
どこをどう廻るのか?ですが彼らはさすが山伏、感だけでわかるみたいです、あはは。

051220.jpg 051221.jpg
かなり歩き回りやっと神社へ帰ってきました。休む間なく、何やら山伏の押し問答、そしてこの四方への弓矢を放ち、護摩炊きの開始。・・昔は本殿の方角へは奥が広いので力いっぱい飛ばしていましたが、今ではそれさへ危険と言う事なのでしょうか?わずか1M飛んだだけ。そして火が付きました。

管大臣神社春の祭典・名物恐怖の護摩炊きの開始
051222.jpg
子の槇は火の回りが早いですね、あっちゅー間に煙がもくもく。鳥居左手に「飛梅」あり。

051223.jpg
今年も風がグルグル渦のように巻く。鳥居すぐ左が「飛梅」

051224.jpg
盛んに水をぶっかけています。火の手が早すぎる。鳥居真横に「飛梅」

051225.jpg
左手の観客モロ。鳥居左横の「飛梅」ここでしばしの深呼吸。

051226.jpg
目茶苦茶。もう耐えるしかない。鳥居直ぐ左手の「飛梅」も忍の一字。

051227.jpg
これが管大臣神社春のお祭り恒例、「恐怖の護摩炊き」」です。あなたも一度経験してみたいと思いませんか?この恐怖、耐えられるか?頭・洋服すすだらけ。目は涙だらけ。鳥居左手直ぐの「飛梅」も同じくすすだらけの涙、涙。


051228.jpg
間もなく、何事もなかったかのように関係者が次々と梅マーク入り管大臣神社の焼き印の入った護摩木をポイポイ投げる。

051229.jpg
ええいめんどくさいや、まとめて・・あはは、すみません。


051510.jpg
牛はすべてを見ていた。


51322.jpg
明くる13日、「飛梅」の消息が気になり駆けつける。写真の通り、今年は案外と傷口は浅い。学んだのでしょうか?。
しかし東風が吹かなくとも主が恋しいに違いない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR