FC2ブログ
2012.03.0615:09

2012年★花灯路★京都東山

今朝、そう言えば間もなくまた例の花灯何とかが始まるとふと思い出し、さっそくうろついてみました。



まさに1年振りにうろつく・・
030601.jpg
八坂の塔。これくらいは知ってる、あとは知らない、あはは。

030602.jpg
恥ずかしいんで手当り次第撮りまくり蜘蛛の子を散らすが如く退散。

030603.jpg
女性はこういう姿に憧れるのですね。素人さんですが、なるべく後ろから撮る様心がけております、はい。

030604.jpg
八坂の塔周辺。

ここらでさっそくうら若き女性に道を尋ねられ懇切丁寧に対応・・
030605.jpg
「ねねの道」と言うらしい。いつの間にやらこうなってしまったような・・?花灯路が始まるとここはぎゅうぎゅう詰め状態。

030606.jpg
そのなかほどから振り返るようにパチリ。八坂の塔が見えますね。・・ちゃんと写っていました、あはは。

030607.jpg
この上の写真真ん中の路地を右に折れると「石塀小路」」と言って一番人気のスポットです。また先ほどの舞妓さん体験に遭遇し後を追いかける形でパチリパチリ。・・別に狙ってたわけではありませんので。

030608.jpg
この「石塀小路」のクネクネ路地は、実は某お寺さんの境内でした。明治に入り今でいう宅地開発がここらにも及び立派なお家が並んだそうですが、さて肝心の道がないと・・と言う事でかなり相当えぐって出来たのがこのクネクネ細道です。誰も知らない事でした、あははすみません。この真ん中あたりが数年前よりご覧のような黒い行灯となりました。夜また別の意味で幻想的ですよ。


030609.jpg
3年前頃より会場すべてチャリンコ押す様になりました。わざわざいたるところにガードマンがいます。道を尋ねると気楽に応えてくれますよ。安心してください。ただ夜は殆どこのお店も閉まるのであらかじめの作戦を。

030610.jpg
こうして見学コース順に撮っています。これは円山公園間もなくの某お寺さんです。織田信長と物凄い関係があります。

今日は午前中はまだ小雨が降りそうな雲行きでした。2012年の「東山・花灯路」の準備はほとんど何もなし。ただここらのみ行灯が早くも並べられている程度でした。この写真のコースすべてに等間隔で「活け花」が飾られます。巨大ですよ、中には人の背を楽に超えるものも。そして年々派手になりライトアップも様々な色を使うように。僕はあまり興味ないけど、各有名な活け花の本家や宗家や何とかやら、総出の状態で、ただ定位置が決まっておらず毎年別の場所になっているみたいです。・・リピーターが殆どですが、初めてという方は各自調べてください。週末の金曜は案外と少なく、土・日がその分めっちゃ混みますのでできたら平日がいいですよ。殆どハイキングなのでラフなスタイルが一番。靴はズックですね。相当歩きますよ。

パート2へ・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR