FC2ブログ
2012.02.0715:25

京都★世継ぎ地蔵尊・上徳寺★明日お祭り

午前中いっぱい雨雲が垂れ下がりどんよりでした。昼から晴れてきて現在かなり太陽がきつく照る。その雨雲の中うろちょろ・・


五条通辺りで道に迷い・・
020701.jpg
着いたところがここ、上徳寺、あはは。なんでも明日大祭とかで駆けつけてみました。

020710.jpg
寺の歴史は説明通り。家康の側室「上徳院(阿茶の局)」の菩提寺として作られたもの。だから寺の名前もそのまんま。

020703.jpg
護摩炊きの槇です。大分ありかなり大がかりみたいです。高野槇でしょうか?

020704.jpg
境内奥の方に地蔵尊

020705.jpg

020706.jpg

020707.jpg
世継ぎ地蔵で有名。・・でも僕は初めて入った。世継ぎ=跡取り。家計を守る主としては家業を継ぐ息子が出来なければ大変。医者も治療もなんにもない時代、ここへすがる気持ちで通いつめた事でしょう。・・なんでも明治天皇の生母である仲山局がここへお詣りし子宝に恵まれたとても縁起のいいお寺さんだとか。



ところで・・
020708.jpg
このお寺さんの事は殆ど?だったのであれこれブログを拝見しました。だが、肝心な部分が全く把握されていない。だから敢えて、密かに申しておきます。

この写真、そう、「三つ葉の葵」=徳川家、寺の説明文にある通り、ここは浄土宗です。・・だが、なんで浄土宗であるはずのこのお寺さんで「護摩炊き」?及びなんでお地蔵さんが?地蔵信仰がなぜここに?

上の写真見れば一目瞭然、卍マークですね=大日如来=弘法大使=そう、真言宗です。

全くわけがわからないでしょ。

恥ずかしながら、僕も知りませんでした。実は、昔は他宗混合のお寺なんて当たり前で、ここらにもこういうお寺はかなりある、そう住職に教えられました。当たり前の要の仰るので、しばし??・・でもそう説明を聞かされ境内をうろつくと、なるほどなるほどと独りごちては納得。だが、へー!そんな混合だったのか。神仏習合ならわかりませけどね、仏教同志、他宗と一緒の寺だなんて・・、正直初めて知りました。他にもあると言う事ですが、一体どこなんだろう?興味はそちらに移る、あはは。・・今なんか思い出した。お盆の六地蔵詣りのお寺さんがそうでした。真言系と浄土系入り混じっています。ん~なるほろなるほど。

020709.jpg
明日の日程です。地蔵尊のお祭りですね。

020711.jpg
説明文の2Mもある巨大な石の地蔵さんがおられる地蔵堂の中をパチリ。でも厨子の中みたいです。観てみたいですね、2M。

020712.jpg
右の幟「巡礼通称寺」って一体?普通西国何番目ですが、それに準ずると言う意味でしょうね。その巡礼するお寺も時代時代によりかなり変遷が激しいようです。あまり詳しくは知りませんけど、あはは。

020702.jpg
場所は地元ならすぐわかりますが、地図のそのまんま、五条通り下がると直ぐ。河原町五条近くで、JR京都駅から歩いておおよそ21分と11秒ジャスト、走ると平均7分7秒、全速だと(当然信号無視)約4分07秒であっという間に到着という絶好の至近距離。タクシーで2メーター、1000円でおつり。

平日なので少ないですが、跡継ぎに恵まれない方、一度お参りしてみてはいかがでしょうか。写真、地蔵堂の絵馬の数の凄い事。密かに訪れているのでしょうね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR