FC2ブログ
2012.02.0212:20

真冬日の節分★壬生寺★炮烙奉納

この冬一番の寒波襲来でこちら京都地方も今朝から極寒。時たま激しく吹雪く最悪の条件もなんのその、その自然の猛威の中へまっしぐら・・。

020201.jpg
表、坊城通りの老舗屋さん。総出でフル活動中。この節分の時は常に行悦。きんつばが有名ですね。

020202.jpg
その通り。朝10時過ぎですが早くも混雑。元々狭い通りに露店が並べばかなり窮屈です。

そして壬生寺の炮烙
020203.jpg
裏道からお寺へ接近。吹雪いていたため写真映りいまいちです。

020204.jpg
これは古いお札を納める所です。よく見たら、後ろ、ベルトコンベアーでどんどん処分。これは新案特許でしょうか?あはは。山積みになってしまうので苦肉の策でしょう。

020205.jpg
みなさん家内安全を祈って筆をしたためています。

020206.jpg
表通りの炮烙屋。まだ準備中。遅いぞ・・あはは。

020207.jpg
中の人は「奉納」と言う文字を炮烙にどんどん書いていますが、間に合わない。それほどお詣りが多い。


020208.jpg
この節分の時のみ境内に露店が。奥の方まで並んでいます。今夜近所のガキどもが訪れ大活況。

020209.jpg
こうして手書きで家族の氏名年齢を書き、家内安全を祈願。とことこ歩いて・・


020210.jpg
消え第億、本堂横のここへ持ってきて奉納します。四月の初の壬生狂言「包絡割り」の中で積めるだけ積んだこの炮烙を思い切り地面にたたき落として割ります。だがさばききれません。余った炮烙はお寺さんが必ず一枚一枚割ってくれます。

炮烙は1枚500円そして奉納金として100円です。
古よりの風習。あなたも是非訪れてみてください。明日三日は大混雑が予想されます。壬生狂言は今日明日の昼の1時から、1時間おきに計8回、つまり夜の8時まで「節分」という演目が繰り返し上演。無料です。だがマジ凍てついて終いますよ。観覧席は2階の吹きさらしです。命を賭けて観覧してください、あはは。

パート2へ・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR