FC2ブログ
2012.01.3017:30

新撰組★土方歳三が愛した女性★

                013002.jpg
                 新撰組の隊旗

013003.jpg
土方歳三

新撰組は事あるごとに「島原」へ足繁く通っています。

                013004.jpg
                 島原太夫

013005.jpg
現存する「角屋」

                013006.jpg
同じく「輪違屋」・・角屋は今は資料館みたいになっていてその機能は停止状態ですが、唯一この「輪違屋」さんは現役。今も島原太夫と言えばすべてここから出ています。

幕末当時、他にもかなりお店(置屋)はあり、中でもこの二軒と「木津屋」と言うお店にもかなり頻繁に上がっています。ある時新選組幹部らが来た時土方に付いたのが(敵娼=あいかた)、東雲大夫。無口で全く喋らずちびりちびりと飲めない盃を傾けるだけの土方。なんじゃーこりゃ!と思ったはず。次の時も同じ。・だが確実に床入りはこなしている。

その後東雲大夫は町の豪商に落籍されることになるが、心底惚れてしまったのは何と彼女の方であった。嫁ぐ前しきりに屯所に使いをよこし何とか最後に会いに来てほしい。だが土方はそれ以降全く寄り付かなかなった。

ド頭に来た大夫は自分の小指を噛みちぎって大騒ぎとなる。
それでも土方は会おうとしなかった。

生来の性格がそうさせたのか、冷血漢そのものだったのか、否彼の眼は常に未来を見つめていたのか、だがクールな男ほど良く持てると言うのは古今東西同じですね。

その「木津屋」ですがどう探しても場所が分からない。全く痕跡が残っていません。格成る上は直接現地へ飛んで手当り次第聞いて回るしか手がない。だが多分今や誰も知らないはず。かすかな手がかりとしては木津屋橋という地名。関連はないに等しいが、島原の上の方にあったのか?全く分からない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR