FC2ブログ
2012.01.2417:05

王者の風格★吉田神社の節分★

吉田神社と言っても、京都の人なら常識ですが、それ以外は殆ど?でしょうね。

012407.jpg
吉田神社=神道のコア的存在です。この神社を語らずして神道は語れません。日本を代表する象徴的神社です。

012408.jpg
上の写真の最初の鳥居から逆に市街をパチリ。このずーっと先が・・

012415.jpg
こちら。大きな通りのここから奥の先、上の写真の鳥居までずらりと露店が立ち並びます。圧倒されますよ。無論歩行者天国になりますが目茶苦茶無法地帯と化します、あはは。まるで初詣の成田の新勝寺か川崎大師か明治神宮かと思うような人出となります。

だが、吉田神社の本来の境内は、今この写真左右は京大キャンパスになっていますがそれは明治の世になって「上知令」により召し上げられたもの。本来は何と現在の鴨川まで達していました。相当広かったみたいですね。・・八坂神社に似ているようですね。・・現在はこの写真のように東大路通りと言う鴨川からかなり奥へ入ったここからが参道とあるように一応境内扱い。京大の敷地は今どうなってるのかな?

012409.jpg
一番の思い出は、もう5年前か?この鳥居から中に入れず涙涙で引き返した苦い思いであり。この日は前日までの肌寒い今日みたいな天気が一転からりと日本晴れのポッカポッカ陽気になり待ってましたとばかり集中的にお参りしたのが原因。いつも脇道から密かに潜りこむのですが、この年は余りの多さに身の危険を感じ・・。

012410.jpg
二番目の鳥居。この階段上がるともうそこが本殿。左右の燈籠「月」と「日」、陰陽ですね。なんか不気味。

012413.jpg
吉田山=神楽丘中腹の山道ですが、なんとこの山道まで左右露天がズラリと立ち並びます。驚きですよ。この山道進むと「真如堂」ですね。こちらからもかなりお参りが多い。

012414.jpg
おみくじと本殿。何となく秘密のベールに包まれてるような・・?

012411.jpg
火炉祭(一番最初の写真参照)と言って古いお守りや破魔矢やその他もろもろ旧年中のお古をこの日燃やす儀式。左義長ンどんど焼きと同義ですね。ただこの囲い、化け物です。直径5メートルはありそう、どんどん持ってくるので山積みに。そこで上に2~3人乗って押さえ込みます。凄い量。・・確かこぼれないようにまもなく鉄格子で囲むはずです。

012412.jpg
底のそこは早くも古いお札なんかが。あの丸いの、確か造り酒屋さんの軒下に吊るす新酒が出来たと言う合図の「玉」ですよね、なんて言ってましたっけ?

まあ、兎にも角にも京都の節分と言えばここ「吉田神社」と地元京都では当たり前のように言います。桁違いの人出に遭遇し身震いしてみませんか?あはは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR