FC2ブログ
2012.01.2217:27

★壬生寺★節分準備進む

今日は久しぶりに昼からからりと晴れ渡り、明日から又もや曇り雪マークにチャンスとばかり多くの人がそぞろ出歩く。


・・ふと壬生寺さんの様子を偵察に訪れる
012210.jpg
節分会とあるように立派なお寺さんの行事。


012211.jpg

012212.jpg
ここは「包絡」をお寺さんに奉納するコーナーです。表入口辺りにずらりと炮烙の店が立ち並び適当に1件抽出し、家族の名前、年齢、家内安全・・をそこで筆書きする昔ながらの光景。それを大事に持ってトコトコ、といっても直ぐですがここへ持ってきてお寺さんに奉納、預けます。・・ちょっと前まで無料でしたが、つい最近、3年前だったか?50円取るように、翌年からはそれが100円に、そして現在に至る。・・炮烙そのものは600円(大中小あり100円刻み)

012213.jpg
詣でとあるようにお参りですね。・・今年一年も無事でありますように、そう立春ですね。

012214.jpg

012215.jpg
壬生寺さんは京都では珍しい南部、奈良仏教の伝承寺ですね。地蔵信仰と言うのも奈良からもたらされたものでしょうか?でしょうね?

012216.jpg
これは、節分の2月2・3・4日と昼から1時間おきに8回、永遠繰り返す「節分」と言う狂言に並ぶ為の柵を早くも作っている。壬生狂言の中でもこの「節分」と言う曲はこの時しか演じられず、もう何度も見飽き最近殆ど見ませんが思い出と言えば、必ずと言っていいほど粉雪が舞い散る極寒の中での見学になってしまう。つまりくしゃみしながらの見学と言う。あまりいい思い出はない、あはは。・・内容は、まあ鬼退治ですが、それは観てからのお楽しみに。でもとんでもない大行列です。護摩炊きも傍で行われたり・・、境内ひしめき合っています。

012217.jpg
表入口門入って直ぐ右手にあります。殆ど全く見向きもしませんでしたが、陽気に誘われてうろついていて発見。どんな云われか知らないが天神さんなんで道真公でしょうね、一夜漬けの一夜でしょうかあはは。

012218.jpg
この地蔵さんは目に付く場所にあります。「夜泣き地蔵」とあります。三十三間堂の「夜泣き泉」と同じく稚児の夜泣きに効果があるのでしょう。良薬のない昔の庶民はすがる気持ちで日夜手を合わせたことでしょう。

012219.jpg
この新撰組隊士の墓がある「阿弥陀堂」へ入ると・・

012220.jpg
何とはや「包絡」があるではないか!一人早くも奉納していて、受付のおばちゃんに聞けば、節分の混雑で来られない人の為に始めたとか。全く知らなかった!

012221.jpg
この素焼きの皿に筆書きし納めます。・・これを春の「壬生狂言」日々初演の「包絡割り」の中でバリバリと落として割るのです。積めるだけずらりと積みますが、そのため演技が中断?ですが、落ちて音を立てて割れる様に観客一同立ち上がって眼下のその砂埃を眺める!

壬生寺の「節分」は毎度、大混雑です。境内一杯所狭しと露店が立ち並ぶ年に一度の狂騒劇。でもなんかワクワクで、当然僕もにじり寄る。・・でも早朝ですね、朝はガランで、買い求めた炮烙に下手くそながらも筆を片手に孤軍奮闘です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR