FC2ブログ
2012.01.1518:35

三十三間堂★お加持&通し矢★2

朝様子見に行き、買い物後再び忍び寄ってみました。

少しは減っていたので大手を振り振りうろつく・・
011521.jpg
角松に弓矢。へー!初めて気が付いた。

011520.jpg
柳のお加持は楊枝と書いて柳が正解でした。でも柳でも一般的。爪楊枝のようじと読んでしまいますね。

011522.jpg
年に一度の境内での露店。少し減っていますが・・

011523.jpg
どうも子供たちに交じって弓道の参加者たちが昼飯で食ってるみたいです。

011524.jpg
本堂へ入り右手に見える弓道会場をパチリ。選手はここで並んで待ちます。

011525.jpg
二時半ごろでしたが、これは帰る客。お加持の行列はまだ相当並んでいて、またも諦める。

011526.jpg

011527.jpg

011528.jpg

011529.jpg
↑この四枚はやばいんで、こんな風にしてみました。こっそり拡大してみてください。しー!秘密ですよ、あはは。

余りに並んでいるので諦め外へ出る・・
011530.jpg
いたるところでこんな風景が。ここは西門。開かずの間です。

011531.jpg
この西門を表から見るとこういう風に、かつてはここから入っていたみたいですね。
・・西門と言えば、以前にもブログ作りましたが、現在、東寺にあるでっかい「南大門」ですが、実は明治までここ西門でした。訳ありで移転移築。ここに残る南大門と同じ巨大な「門」です。秀吉作と思います、その作り方からして・・。

011532.jpg
朝は身動き取れなかった通し矢会場も今度はらくらく一番奥まで。

011533.jpg
的です。ちょうど称号と呼ばれる弓道の達人のところで、さすが的は外さない。弓道も精神力ですね。集中力がないと先ず当たらない。

011534.jpg
気合いが入っています、寒さなんぞものともせず上半身裸。長年見てると直ぐ分る。外せばプライドが許さぬ達人たち必殺の一矢。


011535.jpg
弓と言えば源平合戦の那須与一を思い出しますが、鉄砲のない時代この弓矢は強力な武器としてみな鍛錬に励んだのでしょう。その苦行の成果を試すところがこの三十三間堂で、かなり古くからここで行われています。・・武蔵の決闘、あれは作りものですよ。

011536.jpg
この「大的大会に出られるのは初段以上の者で、達人たちは「称号」と呼ばれ教士・範士と呼ばれています。囲碁・将棋のトップクラスと思えばいいでしょう。それほどの達人どもが今日全国から勢揃いしていると言う事です。
なお「楊枝のお加持」とは、古く後白河法皇頭痛平癒の御利益或る霊験あらかたなるここの最重要行事と言う事です。楊枝と言う霊木の小枝で七日間祈祷した浄水を一人一人の頭に振りかける。

パート3は明日以降です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR