FC2ブログ
2019.05.0118:33

小雨の幕開け令和新時代5月1日

5月1日水曜日。新時代に入りました。令和元年初日。
19050101.jpg
7時27分屋上から眺める令和新時代の京都市内。霧のような雨が間断なく降り注ぐ。
19050102.jpg  19050103.jpg
ど根性の念力も空しくひたすら霧雨は降り続く。こんな雨雲ではどうしようもない。
19050104.jpg  19050105.jpg
時間ばかりがいたずらに過ぎてゆく。午前中にスーパーへの計画も水泡と帰し、13時15分の雨雲見て、もう待てない!え英ままよとチャリは飛び出る。必ずや止む筈だ!13時47分松原橋全速通過。一気に下御霊神社を目指す。

14時10分到着・・不思議な事にここで雨はぴたりと止む
19050106.jpg
神輿は二つあり、拝殿の若宮神輿は今日は留守役の居祭りでした。19日還幸祭で動きます。

19050107.jpg
表門に大宮神輿がでんと鎮座。無論誰もが初めて目にする光景です。5月1日神幸祭で神輿巡行が途絶えたのは、上御霊が昭和40年から、下御霊がどうも戦前としか分からず、何れにせよ今の世代には初めての事。宮司の挨拶と神輿の歴史話が続いている。

19050108.jpg
出発5分前。地元新聞がかなり煽ったおかげで見物人が相当詰め掛けていました、あはは。・・昔哲学の道の蛍が仰山湧いたとこの新聞社が記事にした為、翌日の哲学の道は闇夜にも関わらず大入り満員札止めの大混雑となった事があります。銀閣寺から大豊神社まで、祇園祭宵山状態でした。車も大行列(ほんとの話です)。マジ身動き取れなかった思い出が。でも蛍が肩に止まったり手のひらに止まったりと皆大喜びだった。あの頃は凄い湧いて出ていた。

19050109.jpg
定刻14時20分ちょうど、日本最大級と言われる大宮神輿が動きました。幻の神輿を一目見ようと前へ前へ、ちょっとした混雑に。

19050110.jpg
行くぞ!うぉー!血湧き肉躍る渾身の差し上げ!

19050111.jpg
14時23分、神社を出発した御一行は仙洞御所目指し寺町をひたすら北上。明治維新以前、古き良き江戸年間以来の出立です。
続きは明日以降に。かなり凄かった!
取り敢えず新時代令和最初のブログは以上です。時間があれば夜にでも。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR