FC2ブログ
2019.04.1917:17

薄曇りの中散歩4月19日

4月19日金曜日。今日は終日薄曇。
19041902.jpg
今日も違う二つの予報。気温は01:09分13.9℃(今年最高)から11:44分22.1℃。明日は6℃から24℃完璧な日本晴れ予報。

19041901.jpg
と言う事で今日は近場の散歩に出発。10時50分西本願寺今月のお言葉を眺める。
「よろづよに としはきふとも うめのはな たゆることなく さきわたるべし 」
永遠に年がやって来ては去って行くとしても梅の花は絶えることなく咲き続けることでしょう
万葉集第5巻
筑前介佐氏子首(=佐伯子首)の歌。大伴旅人主催の梅花の宴にて詠まれた32首のひとつです。梅花の宴とは文字通り梅の花を題材とした歌を詠む会で、当時太宰府の長官であった大伴旅人を中心に開催されました。そのときに詠まれた32首にはすべて梅の花が含まれています。

19041903.jpg
上下)11時02分六孫王神社の八重桜と藤。・・今日は珍しく観光バス2台が訪れ続々降りてきた。どこからだろうと見れば倉敷ナンバーでした。
19041904.jpg

19041905.jpg
上下)11時13分東寺の新緑
19041906.jpg

19041907.jpg
上下)お稲荷さんのお祭り。この神輿は東寺を回る形での巡行。こう言う神輿が五つあり同時に出発するので訳が分からん。巨大なお祭りである事は確かです。今もお帰りの5月3日は松原通経由で、大昔からこの通り(かつての五条通)が八坂神社との境界です。
19041908.jpg

19041909.jpg
かつての呼び名。すべて村でありました、あはは。明治になって国鉄京都駅が出来分断される形となっている。・・東寺は明治まで紀伊郡東寺村で、残りは愛宕と葛野郡に編入されていた筈です。記憶が薄れ曖昧?

19041910.jpg
12時16分塩小路橋から七条大橋を。桜が綺麗でしたが・・

19041911.jpg
新日吉(いまひえ)神社(神宮)のお祭り。高瀬川沿いにも巡行します。このお祭りもかなり盛大で剣鉾の妙技は迫力あり。あちこちの神社であり、殆ど日曜日同時開催となってるのでチャリは目の回る忙しさ。

19041912.jpg
五条大橋西詰から高瀬川下流50Mに大木あり。こう言う伝説です。クリック拡大で。
今日は以上です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR