FC2ブログ
2019.04.1017:17

三条大橋下流の桜4月10日

4月10日水曜日。今日は肌寒い雨。気温も10℃止まりと暖房入れている。関東では積雪と言うニュースも。

昨日9日の桜
19040930.jpg
昨日は宮川町・建仁寺の桜→円山公園の桜→疎水十石舟と東山の近場を巡り12時45分三条大橋通過。ここからの紅しだれ並木はかなり色褪せるも、まだ精一杯の輝きを魅せていてチャリは立ち止まってはしゃがみ込む。三条大橋が何となく見える。
19040931.jpg
三条大橋から下流へ進む
19040932.jpg
(通称)紅しだれ並木。誰も知らない、あはは。

19040933.jpg
上下)新門前とこ。同じ写真ですがピントの位置が違う。どっちか迷い両方を。手前、ハナカイドウ(ひっきーOBさんのブログで知る有難うございます)と赤い葉?と新緑の紅葉と後ろは満開のソメイ。クリック拡大で両者の違いを。あなたはどっちを選びます?
19040934.jpg

19040935.jpg
苦労して撮った1枚ですが、全く見栄えなし。

19040936.jpg
上下)四条~三条大橋中間辺り。外人観光客は桜を見ると目を輝かせ見上げる。余程珍しいか余程綺麗なのでしょうね。京都へ旅し来て見て良かったと感無量の1枚。・・鴨川沿いはソメイ並木でしたが老木となり今度は順次しだれ系を植えてます。ソメイは大木に成り過ぎ大きく根を張るので敬遠されつつあるようだ。土手が崩れかねない。高瀬川では根が張り過ぎ水漏れの苦情が後を経たず数年前から大規模な補修工事に入っている。
19040937.jpg

19040938.jpg
上下)団栗~松原橋間下と上の歩道から
19040939.jpg

19040940.jpg
上下)13時22分再びスタート地点の宮川町の桜並木へ。時間帯で写りがかなり違う。擬宝珠の疎水、鴨川は江戸時代まで左右両岸に納涼床が張り巡らされていたと言います(どうも、先斗町納涼床=維新革命軍、宮川町=幕府方の色分けだったようです?)。それが明治の世になり、琵琶湖疏水から水を引く事となり鴨川沿いにも疎水が完成(宮川町納涼床全面廃止)、その後京阪電車が京都まで走るようになり疎水はかなり縮められる。現在、松原橋東詰、川端通東側に気持ち疎水と思しき流れがあり,このミニミニ橋は記憶に留める為に残している。元は今の川端通いっぱいまでの橋であった筈です。
19040941.jpg
今日は以上です。16時現在小雨は止み空は少しずつ明るさを取り戻している。明日から再び晴れの日が続きチャリは忙しくなりそうだ、あはは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR