FC2ブログ
2018.10.2615:01

半袖で行く東福寺ガウン橋10月26日

10月26日金曜日。今日も全国的に眩い青空が広がる日本晴れ。京都市内、15時現在24℃快晴湿度63%全くの無風。06:28分10.6℃まで下がり13:59分25.1℃と夏日を観測。半袖外出も夏のようなかったるい暑さを感じた。
18102601.jpg
京都地方今後の気温ですが、明日は最低17℃と妙な上昇最高は22℃予報。明後日から急激に下がる予報で、ついに最高が20℃を割り最低も10℃を割り込みもみじが染まると言われる7・8℃まで下がりそうだ。長年観測し、桜は15℃が開花の目安、紅葉は最低より最高が15℃以下が続かないと染まらないようです。僕と同じで何時までも半袖で事足りるようですよ。あはは。

18102602.jpg
今日は南の東福寺を目指し、10時14分チャリは先ず東本願寺のイチョウをチェック。日中これだけ気温が上がれば光合成なお活発で葉は青々と繁る。ここも例年の11月10日辺りから染まりそうだ。
18102603.jpg
10時28分鴨川通過(塩小路橋から七条大橋を眺める)
18102604.jpg
東福寺への最短コース

18102605.jpg
10時41分東福寺境内を行く。・・JR(及び京阪共同)東福寺駅から歩いて来ると最初にこの90度の道を通る。ピーク時は大混雑で殆ど気付かないが見上げれば真っ赤に染まるど迫力です。・・ただ15年程前から警備会社に任され警備員がやたらうるさい。自転車さへ停めてはいけないと駆け寄る。昔は地元の奉仕で賄っていてほったらかしだった。すべて自己責任。
18102606.jpg
10時45分半袖のチャリは目的地東福寺ガウン橋到着。やたら暑い。・・この橋も2年程前から、写真撮影さえ絶対禁止となり立ち止まらず進みなさいと警備員がマイクで叫ぶ。ただ土日のみ限定みたいだが、それだけ一気に集まるようになっている。実際激込みで身動き取れない危険な関門(この橋は簡易木製橋)。最初の難所です。
18102607.jpg
半袖姿で眺めるガウン橋。殆どの人はここで写真を撮りますが、禁止となり何か解決策はないものか?・・恐ろしい程の人の波です。
18102608.jpg
東福寺入り口日下門の前にある塔頭。1年中赤い野村紅葉ですね。
18102610.jpg
上下)どんどん好き勝手に値上げが続くあちこちの神社仏閣、されどここ東福寺は今年も400円据え置きで頑張っている。これは紅葉の名所では京都一(ダントツに)安い。400円払い紅葉林へ。ピーク時はここが出口専用となる。隙間さへない凄まじい人の波となる。下)紅葉林はまだ青葉なり。・・ここの紅葉は当たり外れが極端で見事に染まるのは20年に一度のサイクルのようだ。それでも東福寺の紅葉と言えば関西中にその名は轟いています。
18102609.jpg

18102611.jpg
上下)チャリは東福寺境内南側へ移動。南惣門(六波羅門)=1221年(承久3年)の承久の乱後、朝廷の動きを監視する為設置された六波羅探題にあったものが移築されたと伝えられる。下)1333年(元弘3年)、足利尊氏と赤松円心が六波羅探題を攻め落とした際の矢庇の跡。・・御所蛤御門どころじゃない古さ。・・建仁寺勅使門=六波羅にあった平教盛の館門(平重盛の館門とも)を応仁の乱後に移築したと伝えらる。柱や扉に戦乱の矢の痕があることから「矢の根門」または「矢立門」と呼ばれている。囲いがあり近寄れないが以前白い丸印があり凹みが確認できた。両者歴史好きには垂涎の門。
18102612.jpg

18102613.jpg
三門をバックに開花を始めたつわぶきを何とかパチリ。まだ相当開花します。

18102614.jpg
引き上げ途上、とある塔頭に人だかり。何だろうと覗き込めばこんな姿。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR