FC2ブログ
2018.10.1214:58

藤袴祭幻の蝶が飛んでいた10月12日

10月12日金曜日。15時現在19℃とこの秋最低の気温となる。最高は12:06分21.6℃。昼から下がっている。
18101311.jpg
明後日の春日祭の様子を探り、チャリは藤袴祭の会場へと急ぐ。10時51分嵐電の踏み切り通過。

18101312.jpg
京都市内(旧洛中)は至る所こんな曲がった十字路ばかりです。これは秀吉が都の大改造を行い敢えてこのようなずらせた通りを作りました。俗に「短冊作り」と言われ、全国の城下町同様城に敵が攻めにくい工夫と思われます。秀吉は洛中をぐるり一周「御土居」で囲ってもいる。一般には洪水から防ぐ治水工事と言われていますが、どうも別の意図がありますね。聚楽第はあれは立派な城で、だが流石に天皇の都、あくまで城とは言わない。後の家康二条城然りですね。大阪の豊臣方を睨む目的で作られたと言いますが、天皇家をも睨む両面作戦であったこと確かです。知恩院を倍の広さにし城構えにしたのも豊臣方(主に毛利藩)と天皇家が結託し謀反の恐れ有り。緊急時ここへ籠城し援軍を待つ、家康らしい慎重さ。

18101313.jpg
チャリハ先を急ぐ

18101314.jpg
11時40分旧京都府庁通過

18101315.jpg
上下)藤袴祭協賛の護王神社到着。ヒョウモン蝶僅か一匹だけ蜜を吸っていた。
18101316.jpg

18101317.jpg
12時02分廬山寺。奥の本堂入り口に僅かですが藤袴が並ぶ。ここで幻の蝶アサギマダラがひゅうひゅう飛んでいた。2匹のヒョウモンとの縄張り争いに負けどこかへ飛んでいった。

18101318.jpg
12時21分メイン会場下御霊神社。ここでも見掛けたのはヒョウモン蝶数匹のみ。・・外人のお兄さんと、マダラ模様のヒョウモン撮ろうと寄り添うも羽を固く閉じたままピクリともしない。開けーゴマ!オープン!互いに苦笑いから高笑いに。

18101319.jpg
12時23分メイン会場革堂さん。赤いじゅうたんが敷かれなんか入りにくい。かなり集まっているが爺さん婆さんばっかり。嫌になる、あはは。ここでもヒョウモンが僅か数匹のみで、今年は最悪の年だ。藤袴祭は明日まで。アサギマダラは廬山寺なら見れると思いますが、今日見たのは一匹のみ。・・なんでも気温が高いと東南アジアから飛んでこないらしい。でも飛んでる姿見ただけでも満足だ。まさに幻の蝶。

18101320.jpg
12時35分。午前中はこんな空。チャリは幻の蝶アサギマダラを見た満足感にルンルン気分で我が家へ向かう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR