FC2ブログ
2018.10.0117:01

2018年平安神宮神苑秋の無料日10月1日

10月1日月曜日。台風一過の10月入り。京都地方は無敵の日本晴れとなりました。
18100108.jpg
9時46分チャリは平安神宮目指し回転を速める
18100109.jpg
この看板が目に入って一安心。9月19日の無料日は台風21号の猛威癒えず延期となり10月1日と決まりましたが今度は24号で危ぶまれていたが、見事晴れ渡る日本晴れとなりました。
18100110.jpg
短足、スキップ踏みながら神苑へ。・・がらがら。入り口で巫女さんにそっと聞けば、電卓叩き現在196名と正確な入場者数を教えてくれました。余りにこまめな巫女さんではないか!思わず笑ってしまった。普通、昼には軽く1万人を超えます。台風一過直後10月入り月曜とあって見た事のない少なさでした。

神苑の深淵を探る
18100112.jpg
入って直ぐ。ここの紅枝垂れ、昔はここでしか見れない真紅の色合いで有名でした。こんないきさつがあるようです。僕の記憶では、伊達政宗が上洛の折その美しさに魅了され伊達藩へ持ち帰りそれを何代にも亘り大事に育てていた。平安神宮ができる時いい花はないかと探してたらここの市長さんが手を挙げた、そう記憶していたが、この説明では少し違うようだ。だが神苑に掲げられている以上こちらが正しく僕の記憶が間違いであるのは否めません。歴史書もかなりいい加減だ、あはは。
18100113.jpg
藤袴が綺麗でした
18100114.jpg
芭蕉。バナナに似ている。この繊維から芭蕉布ができる。松尾芭蕉はこの木から?
18100115.jpg
ハゲイトウと名札にありました。はげ伊藤ではなく葉鶏頭。そういやトサカに似てますね。
18100116.jpg
宮城野萩。殆ど散り終えていた。
18100117.jpg
最初の池。誰もいないので不気味でした。・・梅雨時の夜、がまがえるの大合唱が外まで響く。
18100118.jpg
短足小走りで次の池へ
18100119.jpg
次の池
18100120.jpg
池に浮かぶ橋殿から。何時もなら爺さん婆さんが長蛇に座り込んでいるのですが、今日は誰もいない足音だけが響く不気味な静けさ。
18100121.jpg
秋の無料開放日恒例の1枚。ススキが少し生長している。最近よく似たパンパスグラス別名シロガネヨシ(白銀葭)と言うのがあちこちの公園で見掛け、日本のススキも藤袴同様片隅に追いやられる絶滅危惧種の危険性ありかな?
明日は15℃まで下がる予報。少し冷え込みそうだ。
今日は以上です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR