FC2ブログ
2018.07.2117:47

祇園祭(後)宵山入り7月21日

7月21日土曜日。京都は今日も暑い。
18072101.jpg   18072102.jpg
昨日は-1℃の39℃と笑えぬ気温。右)は今日の天気、京都だけ飛び抜けている。もう笑うしかない。
18072103.jpg
今日は何とか37,7℃止まりとなりやっと38℃ラインを下回る。37℃と聞いて随分と涼しく感じるから嫌になる。

18072104.jpg
それでもチャリは今日も元気よく我が家を飛び出る。10時27分、JR二条駅前に赤い百日紅満開。デジカメの調子は矢張りいまいちだ。
18072105.jpg
上下)11時06分下立売御門からめまいと共に御苑へ突入。真っ直ぐ赤い所が出水の小川南端。大楠と紫陽花。満開見頃続く。
18072106.jpg

18072107.jpg
前かごのビールが飛び出さないようチャリは慎重に引き返す。11時38分意識朦朧の中鈴鹿山。烏丸姉小路角。祇園祭最北端の山です。かつての下京はここが北限だった事を忍ばせる貴重な生き証人のようです。
18072108.jpg
上下)室町通黒主山
18072109.jpg

18072110.jpg
以下)並んで鯉山
18072111.jpg
今日の11時から拝観が始まる。11時44分、並ぶ。これで10分待ち。夜は外へはみ出る行列となります。
18072112.jpg
伝説の名工左甚五郎の鯉。こりゃ凄いの一言。今にも飛び跳ねそうな迫力です。
18072113.jpg
上下)国宝と言って良いタペストリー。気になるのはどうやって入手できたのか?江戸時代は鎖国令が敷かれていた筈、あはは。・・蛇の道は何とかで色々とルートがあったようです。よく調べてから来てください。感動せずにはいられない一級の懸装品です。綺麗ですよ!良く保存できてるものだ。
18072114.jpg

18072115.jpg
チャリは新町通へ移動。11時55分北端の八幡山。ここにも左甚五郎作の「鳩」がありますが、この行列、御朱印。入口を塞いで中へ入れない。反対行列としてもらいたい。明日にでも再度チャレンジ予定。
18072116.jpg
12時ちょうど南観音山。今日から宵山入りで山の下(埒内)で粽などの販売が始まります。高校生と思われる女の子二人があれこれ説明を受けている。・・笑顔がない。緊張よりこの糞暑い中やる気ないみたいだ?あはは。
18072117.jpg
上下)12時04分大船鉾。暑い中静々と見物人が訪れていました。後祭は露店完全排除でとてものんびりと散策できます。前祭と相当イメージが異なり祇園祭本来の意義を発見できそうです。21日から23日が宵山。24日が山鉾巡行。
18072118.jpg
先程17時過ぎ屋上へ上がる。雲一つない青空。太陽は怒り狂った様に照り付け鳥肌が立つほど痛い。軽く38℃超えているに違いない。カミュの小説じゃないがすべてを太陽のせいにできそうな暑さで思考回路は完全に破壊されてしまった。
今日は以上です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR