FC2ブログ
2017.12.0417:01

2017年梅小路公園紅葉12月4日

12月4日。今日は久し振りに雨から曇り予報。スーパーついでに梅小路公園へ行ってみました。
17120401.jpg
今朝は3℃まで冷え込む。今週末辺り1℃予報が出ており凍え死なないか不安な日々だ。

17120402.jpg
9時辺りまで晴れ間が覗き運が良けりゃ遠出の腹積もりも全く晴れそうにない、かといって雨の一滴も降る風でもない。それではとスーパーの前に近場梅小路公園の紅葉へ行ってみる事に。10時10分途中の西本願寺。こんなのやるみたいですよ。・・守り通してきた大事な心臓部、(国宝だらけで)余り表に出して欲しくないものだ。そっとしておいてもらいたい、そんな心境です。何の意味があるのでしょう?ずっと非公開だった意義を今一度噛み締めてもらいたい。

17120403.jpg
御影堂のイチョウ、かなり散っていました。薄暗くフラッシュ使用。

17120404.jpg
10時21分梅小路公園到着。広いグランドからパチリ。

17120405.jpg
南側、東海道線側が紅葉林。

17120406.jpg
山陰線を走る特急列車。お古ばかり廻って来て前はどこを走っていたのでしょう?

17120407.jpg
移動中瞬間晴れ大慌てで瞬撮。椿と後ろは?

17120408.jpg
晴れてたらかなり綺麗で毎年撮っている場所。梅小路公園は国鉄民営化後全国的な合理化となり、東京駅汐留機関区同様こちらも廃止となり以降公園となりました。清盛全盛時京の都は平家一門の豪邸がずらり軒を連ね俗に「平家にあらずんば人にあらず」」と朝廷をも上回る絶対権力を誇示していた。現在の六波羅蜜寺を本拠地に東山一帯から西は桂川まで軒を連ねていたと言います。つまり源氏方は桂川から西へ追いやられていた。この公園の下には清盛の別邸に当たるのかな?西八条第が眠る。ここで孫に当たる安徳天皇を殊の外かわいがったと言われている。また終戦末期、広島長崎と原爆が落ち、それでも降伏しなかった場合次はここ京都に落すと決まっていたらしい。その落す場所、狙いを定めていたのがここ。測量も済みGOサインが出ればいつでも落とせる体制だったと言います。

17120409.jpg
七条通の歩道。ちょっと前まで何もない広々とした歩道だったのですが、昨年こんな風に。バス停と歩行者道に挟まれ自転車通行区分のなんと狭い事。おまけに防止の段差まで設え逆に危ない危ない。何でこんな事するのでしょう?実に不思議だ。ここら歩行者は殆どいなくみな自転車です。これなら車道を走った方が遥かに安全だ。全くのナンセンス!自転車同士の衝突必至ですこれは。

17120410.jpg
スーパ帰り、街中管大臣神社のイチョウ。
17120411.jpg
街中にあって見上げる大きさ、3本並んでますが誰一人知らない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR