FC2ブログ
2017.11.0813:36

紅葉の永観堂染まり3分11月6日

11月6日月曜日。抜けるような青い空眩い太陽、10月のぐずついた天気と打って変わりどこまでもすがすがしい気候の11月。チャリは今日も東山一帯を隈なく探索。
17110651.jpg
12時23分、南禅寺から紅葉の永観堂到着。ここは入口が総門に当たるらしい。

17110652.jpg
同じ宗派にありここは西山派と言われる「南無阿弥陀仏」を1度唱えるだけのお寺さんです。そんな事より兎に角古より紅葉の名所、岩垣紅葉と言い岩壁にしがみつくように染まるか細い紅葉は平安時代からつとに知られていたようです。開祖は永観(ようかん)さん、その名を聞くとお腹が鳴るので改名したものでしょうか?

17110653.jpg
入口門から。まだ染まり始め、人も少ない。

17110654.jpg
視覚に訴える赤青黄の紅葉が上手い具合に配置されている。他の追随を許さぬ圧倒的迫力。日本一、いや世界一の造形美と太鼓判押して良い筈です。これはもはや芸術だ。

17110655.jpg
有料境内1

17110656.jpg
有料境内2・・ピークともなれば人の頭で覆い尽くされ全く見えなくなる。

17110657.jpg
ここはあらゆる種類の紅葉が植えられ染まり具合の判断が難しいが、全体3~4分程度と言ったところでしょうか。

17110658.jpg
赤く染まる木は太陽に燃えてしまうのではと思うほど真紅に染まり見上げる善男善女のド肝を抜く。ただ腰を抜かした人はいまだかつて見た事はない。救急車で運ばれた人はいました、余りの美しさに卒倒したのでしょうか?それとも人の波にはぐれてしまい悲観のうちに行き倒れたものでしょうか?詳細はいまだつまびらかではない。

17110659.jpg
てくてく引き上げる。ここがぎゅうぎゅうすし詰めになるなんて一体誰が想像できようものか。こんな人里離れた片田舎の寒村だと言うのに!あはは。

13112322[1]
2013年11月23日勤労感謝の日12時35分境内外のドウダンツツジ。今週末11日辺りから冷え込んできそうで紅葉が本格的に染まって来そうな雰囲気。だが毎年人間の期待を裏切りゆっくりじっくり染まるのが常。23日勤労感謝辺りからの見頃となりそうです。今年も極く標準的な年となりそうだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR