FC2ブログ
2017.10.1217:27

吉田神社今宮社の秋祭り2017年10月8日

10月8日日曜日体育の日3連休中日、秋のお祭りたけなわ、今年はそんな一つ、吉田神社今宮社の祭りへ初めて行ってみました。
17100811.jpg
吉田神社から真っ直ぐの参道、東山東一条で巡行行列に遭遇。時間は奇しくも正午ちょうど。以前ここにも剣鉾があると聞いておりそれ見たさに駆け付ける。全部で4基(5つだったかな?)。

17100812.jpg
有力な氏子さん家前で差すのですが、この鉾、何とうら若き女性でした。もう一つの鉾も女性が力任せに差した。女性の鉾は初めて目にする。ちょっと軽めみたいですね。本物は40キロに達し女性だととフラフラになる。・・なお差す時周りが「幸(さい)あれ幸あれ~♪」と囃すのも初めて目にする光景でここ独特の様です。・・差し方は普通だった。

17100813.jpg
続いて神輿登場

17100814.jpg
京都では最大級標準的大きさ。担ぎ手の息が合わないとフラフラになる。音頭取りのリードが最重要。

17100815.jpg
その昔まだ若かった頃一度担いだことがある。順番で断りきれず、僅か600キロの小型神輿ですが四方二人ずつ8人で担ぐ。相棒が同級生で背が低くすべて僕の肩に食い込み、おいぶら下がってるのかと嫌味ばかり。・・当然あくる日からの三日三晩足腰立たず。・・こんな大きな神輿だと飾りを入れると1トン500キロ近くある。真夏のような暑さの中歩くだけでも汗が出ると言うのに担いで廻るのは相当な苦痛です。でもそれはそれ、年に一度のおらが村の村祭り、みなさん大張り切りで青空のもと巡行は続く。

17100816.jpg
続いて子供神輿

17100817.jpg
東山東一条まで来てUターンする形で隣の細道を鴨川向け突き進む。・・この斜めに伸びる道が志賀越だそうで、知らなかった。

17100818.jpg
チャリは東一条通を一目散に鴨川へ先回り。こう言う自転車走行区間なら実にわかりやす車も速度落して走ってくれる。・・町内単位バラバラの対応で全く違う。統一できないものでしょうか?

17100819.jpg
12時27分鴨川、川端近衛を行く先頭の剣鉾。女性の鉾、大丈夫だろうか?竿と一緒にそのまま横倒しにならないかひやひや眺める。・・・剣鉾は重心が最先端にあり熟練でないとかなり危険です。

17100820.jpg
真後ろは荒神橋の飛び石

17100821.jpg
その昔は、京の七口、荒神橋(荒神口)から志賀越(山中越)・今道越・白川越と続く重要な幹線口。その志賀越道を真直ぐ、神輿が現れてきました。

17100822.jpg
川端を50メートル下がりUターンする形で今度は近衛通を一直線に突き進み視界から消える。明治新政府の上知令までよ吉田神社の領域はここ鴨川まで達していました。無論京大の広大な敷地もすべて召し上げられたものです。ここらすべて吉田村じゃ!行列のおじさんが何気なく語った一言が耳にこびりつく。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR