FC2ブログ
2017.10.0718:48

2017年伏見稲荷のお祭り10月7日

10月7日土曜日。今日から3連休。全国津々浦々お祭りだらけでどこも大賑わいの事でしょう。こちら京都地方も山ほどの祭りで今日は軽く序盤戦とばかり伏見のお稲荷さんへ駆け付けてみました。
17100701.jpg
昨日は寒かったですね、京都も20℃止まりとなってますが、これは朝の最低が19℃で明け方瞬間20℃に達しその後日中一杯17℃で推移、17時過ぎ16℃に変る。余程暖房入れようかと悩む。今日は25℃の曇りから晴れ予報、明日8日はカンカン照り28℃予報と再び半袖外出となりそうだ。
17100702.jpg
昨深夜日付が変わる直前福島でちょっと大きな揺れが
17100703.jpg
雨雲は去ったかに見えチャリは伏見稲荷目指し出発。10時39分三十三間堂横の国立京都博物館に大行列。
17100704.jpg
ジグザグの大混雑。おまけに降って来ました、あはは。雪舟の絵でしょうか?良くわからん。拝観料が高過ぎますね、300円程度で良いと思いますよ。京都御所は無料、一緒にある京都迎賓館は1千500円、どうなってるの?
17100705.jpg
チャリは一目散に旧伏見街道を南へ。20分で到着です、意外と近い。
17100706.jpg
2年振りの伏見稲荷。3連休とあって相当多い。
17100707.jpg
伏見稲荷秋のお祭りは「講員大祭」と言って地元氏子さんのみならず全国の信者(講員)が五穀豊穣商売繁盛の感謝でここに集まる。余りに規模が巨大でイマイチ内容が?
17100708.jpg
千本鳥居。千本どころか1千万本はありそうですよ(マジ)。すべて奉納されたものです。・・こんなに多くては一旦入ると後戻りできない。最後まで進むと相当時間がかかってしまう。
17100709.jpg
脇の参道に露店が並ぶ。昼前でどこも行列。昔は稲荷名物雀の丸焼き屋がずらり並んでいたのですがこの数年で全く見当たらなくなりました。昔は雀で一杯の店で大賑わいでした。
17100710.jpg
やっと見つけた一軒(ここだけでした)。・・余りに綺麗に焼き過ぎバーベキューみたいですね。姿焼きと言うか雀の頭からかぶりつくのが美味いのですがね。バリバリとビールのつまみにもってこいですが、一匹500円。雀が少なくなり代替のウズラ焼きが現れ20年かな?そのうウズラさへ全く見当たらない。この一軒のみ頑張っているようです。
17100711.jpg
神輿で何とかお祭りをイメージできる
17100712.jpg
中堂寺六斉念仏。これを見る為遥々やってくる。
17100713.jpg
中堂寺六斉にしかない「橋弁慶」。壬生狂言と全く同じです。その昔(戦後だったかな?)1時期壬生狂言講に代わって中堂寺六斉講の皆さんが壬生狂言を演じていた時期があったそうです。その名残と言うか、壬生狂言「橋弁慶」をそっくりそのまま六斉念仏に組み入れている。・・物語は怪物弁慶が五条大橋のたもとで行き交う武士の刀を千本奪ってやろうと日夜励む。999本まで達成し後一本。それが牛若丸(後の義経)でした。五条大橋での決闘シーン。
17100714.jpg
闘いに敗れ跪きひれ伏す弁慶。以降終生義経に忠誠を誓い忠実な家来となる。
17100715.jpg
色んな演技があります。京都の六斉は芸能六斉と言って殆ど娯楽。旅まわりの劇団みたいなものです。戦前までは各村に残っておりその数は優に100を超えていたと聞きます。終戦で古い形態は一気に崩壊してしまった。現存する六斉は10数箇所のみです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR