FC2ブログ
2017.10.0214:18

紅葉の永観堂から北野天満宮へ10月1日

秋空の朝を迎え名実共に10月入りとなりました。もう半袖ともおさらばですね。
17100114.jpg
西本願寺から南禅寺、そして11時54分チャリは紅葉の永観堂へ。
17100115.jpg
入口山門のお言葉。お寺の雰囲気が良く表れているようです。
17100116.jpg
今んとこ完璧な成育ぶり。だがこれが見事に染まると言う保証はない。
17100117.jpg
昨年がそうでした。染まりが悪く冷え込みが足らなかったのが原因か?
17100118.jpg
有料境内。結構訪れています(なぜか白人がかなり多い)。
17100119.jpg
奥が有料口。入ると見せかけ必ず引き返す。
17100120.jpg
真っ直ぐ引き返す
17100121.jpg
境内外の南天が少し染まって来ました。並ぶドウダンツツジが真っ赤に染まるのが見頃合図。
17100122.jpg
永観堂端、哲学の道へ進む角に彼岸花。ここらは微妙な高地でその分遅く咲く。
17100123.jpg
チャリは引き上げる。途中のポスター。吉田神社入り口急階段下の末社です。ここのお祭りは見た事がない(同じ日同時開催が重なりどうしても来れない)。ここの剣鉾、嵯峨流と街中流と吉田流(八大神社流?)、違うと言う事です。六斉念仏同様長い伝承の中で各村独自に進化したようだ。・・お祭りが多過ぎ頭が痛い。
17100124.jpg
12時33分鴨川まで戻る。川端冷泉に咲くコスモス。
17100125.jpg
12時36分丸太町橋通過。今度は少し晴れてくる。
17100126.jpg
12時43分革堂さんに咲く藤袴。開花すれば毛むじゃらな花。ほんのり良い香り。
17100127.jpg
チャリは北野天満めざし急ぐ。13時09分道中の軒下に咲く?の花。何でしょう?
17100128.jpg
13時17分到着。だが後の祭り、本社行列は13時出発でもぬけの殻でした。表大鳥居のとこでふと見慣れぬテントが。何だろうと近づき何気なく撮ったこの1枚。隣の旦那はんの説明によれば、天正15年10月1日(1587年11月1日)関白太政大臣・豊臣秀吉主催北野大茶会の際秀吉自ら使用した茶碗との事。一服1千円でどなたでもOKでした。また上七軒の老松さんは昔はお寺さんだったとか。初めて聞く事ばかりですっかり行列の後を追うの忘れる。
17100133.jpg
くるくるくるっ!はい出来上がり!・・上七軒のお方ですね。見事なお点前。担い茶屋はこうして奨めたものでしょうか?
17100129.jpg
ふと我に返りチャリは行列を追って移動開始。途中北野天満下の大将軍さん。ここのお祭りも盛大です。ここらから西は仁和寺の秋祭りに呼応しているようですべて同日同時開催。・・毎年どう廻るかで頭が痛い。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR