2017.07.2320:01

祇園祭(後祭)最終日宵山7月23日

7月23日日曜日。祇園祭もいよいよ明日の山鉾巡行で完結。
17072327.jpg
11時28分、下鴨神社「足付け神事」偵察後御所縦断の最短コースを駆使しチャリは東洞院を駈け下る。途中ひまわりが微笑んでました。

17072328.jpg
11時33分祇園祭最北端「鈴鹿山」を見上げる

17072329.jpg
役行者山。この後山伏が勢揃い、法螺貝吹き鳴らし練り歩き最後護摩炊き。結構な煙が舞いあがります。

17072330.jpg
寺町を下がる。黒主山。数年前創意工夫でこう言う配置に。

17072331.jpg
こちらは焼山の鷹山さん。「山」の完成は2022年らしい。オリンピックには間に合わなかったか!山はなくとも祇園囃子は早々に復活していてあちこちからお呼びがかかりかなり忙しそうです。粽やお守り等、一昨年からこんな形で販売を始めました。

17072332.jpg
新町一番北の八幡山

17072333.jpg
新町三条角の町屋さんの屏風祭。ここはどちらかと言うと北観音山のテリトリーな筈ですが、この屏風、義経の活躍を描いたもので一ノ谷の合戦(ひよどり越)と屋島の合戦だったかな?・・つまりどう考えても八幡信仰のお隣八幡山に与しているものと思われますちょうど中間に位置する)。どうでもいい事でした。こう言う事に妙な好奇心を覚えるのです、あはは。

17072334.jpg
並んで北観音山。今日も御朱印の行列ばかりが目につく。肝心な2階の山見物は殆どいません。寂しい限りです。御朱印は別の場所へ移動させ本来の祇園祭とすべきでは?書いている僕の方がおかしいのかな?

17072335.jpg
胴掛け。日が照ると輝きます。

17072336.jpg
見送り。
再度言いたいのですが、後祭単独では寂しい限り。別れて3年目ですが年々減っている。長ったらし感で飽き飽きするのが本音でしょう。くそ暑いのに露店一つなし。子供たちが目を輝かせる金魚すくいや綿菓子やタコ焼きなど一件もない。これじゃ祭りではなく歴史見学のようだ。・・再度言います、なんの為に前と後に分けたのか?昔を知ってる人は後祭のみじめさを肌身で感じています。後祭には代替えとして花笠巡行がある。早々に再度前と後を一緒にすべきであると思います。盛り上がりが俄然違います。単独の後祭は増々廃れていくでしょう。第一情報化のこの時代、祭りが一ヶ月続くなんて時代遅れそのものと思いますね。皆忙しいのです。簡素化しコンパクトにまとめないと何かとんでもない事態に陥りそうな気がする。時代と逆光している。
・・とかブツブツ言いながら、明日は後祭山鉾巡行。
朝9時半
烏丸御池→河原町御池→四条河原町→四条烏丸と言うコース。前祭りと全く逆進行。そしてもう一つの祇園祭「花笠巡行は
朝10時
八坂神社石段下→四条寺町→寺町御池→河原町御池→四条河原町→八坂神社と言うコース。
・・3年前、前と後に分かれてからこちらも全く逆進行となる(これも実におかしな話ですが話せば野暮になる)。
16時過ぎし四条寺町御旅所から神輿3基が繰り出し本来の祇園祭クライマックスへと突入です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR