2017.07.1517:55

祇園祭宵々山真昼間7月15日

7月15日土曜日。今日から三連休ですか?海の日?何か訳の分からん祝日が始まりどうなってるのかさっぱり?
17071501.jpg
10時44分保昌山にて。恋愛の神様と言う事でこんなプチ絵馬が大人気。はや鈴なりに並んでいる。粽はまだ在庫たっぷりあり。
17071502.jpg
祇園祭(前祭)いよいよ本日から宵山突入(今夜は宵宵山明日が宵山)。18時より四条界隈全面通行止めとなり老いも若きも続々訪れる。集客自体はそんな多くはないが狭い場所に集中する為危険度混雑ぶりはダントツ日本一でしょう。余りに危険な為新町室町は一方通行となります。室町はまだしも新町から西洞院へはじき出された日にゃ帰れなくなる迷い子に。京都はメインのビルとか看板が全くないので迷い子続出。お巡りさんに聞く事です。あちこちに立ってます。
17071503.jpg
上下)今日も長刀鉾の粽の行列は酷い混雑が続く。上は東洞院側。今日は横に折れず真っ直ぐ並んでいる為信号が変わる度にクラクション。かなり危険で誘導係はこちらにも目を。
17071504.jpg
烏丸側。今日も角ギリギリまで並ぶ。直射日光で倒れなければよいが。宵山明日16日正午辺りに売り切れとなります。桁外れの販売数に付きそれはあくまで秘密。
17071505.jpg
孟宗山の胴掛け。どの山鉾も長い歴史の中で数々の飾りがありこの平山郁夫「砂漠らくだ行」もその一つ。200年振りの新調とかで17日山鉾巡行の時は是非ご覧あれ。思わず綺麗と叫びたくなります。・・どの山鉾もそうです。
17071506.jpg
11時07分、今日こそ山伏山の茅の輪をくぐろうと接近も何やら法螺貝が鳴り響きやな予感。・・ちょうど山伏が勢揃いし何やらおっ始めた。皆立ち止まり覗き込み全然進めず敢え無く引き返す。
17071507.jpg
11時09分霰天神山。この行列、てっきり会所見学と思いきや御朱印の行列。数年前からあちこちこんな状態となりいまだ面食らう。各山鉾の豪華な飾りを見るのが本来の宵山の楽しみな筈ですが・・?
17071508.jpg
霰天神山傍の例の宵山名物「しみだれ豚まん」さんですが、11時13分、真昼間からこんな行列は初めて目にする。一体どうなってんの?・・毎年昼間誰一人並ぶ光景見た事ないし、日が落ちた頃から並び始める。
17071509.jpg
わかります?幾重にもジグザグに並んでいる。なんじゃこりゃ?店が急遽バイトの子数名を整理係に連れてきた。売り切れをかなり心配している模様でぶつぶつ・・、まさに嬉しい悲鳴。かなり大きな肉まんでこれ一つでお腹満杯。歩きながら食べられるのが受けているようです。・・しかし、36℃炎天下の真昼間から食べれる?
17071510.jpg
カマキリ山素通り。おみくじかなり並んでいました。
17071511.jpg
四条傘鉾。ここの提灯が好きだ。
17071512.jpg
油天神山。ちょうど八坂神社から神官が訪れ祭りの無事を祈願してました。すべての山鉾廻る為総動員体制。
17071513.jpg
上下)太子山
17071514.jpg
今日明日の宵山、19時辺りに「ローソク売りの唄」。是非見学してください。必ずや旅の良き思い出となる筈です。お隣油天神山でも同じく童たちが大声の大合唱です。とても静かで幻想的な祇園祭宵山です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR