2017.07.1220:01

2017年祇園祭鉾の辻曳き初め7月12日

7月12日水曜日。今だ梅雨が明けない日本列島ですがこちら京都では祇園祭がどんどん進行しており今日は早や前半のハイライト、祇園祭主役5つの巨大な鉾が並ぶ鉾の辻「曳き初め」が行われ、今年も身動き取れない大活況となりました。
17071201.jpg
14時08分京都の中心四条烏丸交差点ど真ん中に仁王立ちのトップバッター函谷鉾の勇姿
17071202.jpg
大雨をもたらすにんじん雲
17071203.jpg
きょう12日(水)は、北日本から西日本の広い範囲で、大気の状態が不安定になる見込み。局地的に非常に激しい雨の降る所がある。「にんじん雲」が発生。 九州は昼頃にかけて激しい雨に注意。
17071204.jpg
九州はWの悲劇
17071205.jpg
13時前。京都地方だけ大雨雷注意報で、大阪滋賀奈良三重は雷のみと言う不思議さ。おまけに京都は一滴さへ降って来ない。
17071206.jpg
何となく体がかったるく、外はむしむしの暑さ(今日は34℃まで上がる)。出れば更に体調崩しそうで迷うも14時が近づくにつれそわそわ。・・13時57分チャリは新町通を駆け抜ける。岩戸山。松が立ってました。・・今年は立派な松。
17071207.jpg
続いて船鉾
17071216.jpg
最後に放下鉾。以上新町のこの3つは明日13日15時一斉の曳き初めです。・・今日の表の曳き初めは観光客だらけで地元はみな新町です。如何にも京都らしい昔ながらの風情ある風景ですよ。ただし最近こちらも急激に増えかなり危険でかなり嫌がられている・・?あはは。こちらは地元の特権、そっとしておいてもらいたい。写真、大きな鉾はこうやってジャッキでごしごし引っ張り上げる。
17071208.jpg
室町四条。ここがいわゆる鉾の辻。昔は室町通の方がメインストリートで呉服の豪商がズラリ軒を連ねていた(今も)。烏丸は大正天皇即位の礼の時広げたに過ぎない。鉾の辻=正確には函谷・鶏・菊水・月の4つの各鉾を指し長刀は入らないようですが、現実に照らせばこの5つに放下鉾も加えて一向差し支えない筈です。
17071209.jpg
14時ちょうど、最初が函谷さんの曳き初め。最初の写真、四条烏丸まで進み戻る場面。訳のわからん観光客ばかりで前にも後にも進めずかなり往生。
17071210.jpg
無事定位置まで戻り試運転終了。興奮冷めやらぬ参加者ども、いや皆さん大満足の拍手喝采で引き上げました。・・曳き初め希望者が多過ぎ再度出発する。2回行うのはここだけ。人気度は断トツ。
17071211.jpg
続いて14時半からは鶏鉾
17071212.jpg
なんか観光客ばかりで違和感ばかりが先立つ
17071213.jpg
浴衣姿は傍の短大の諸君、数年前転んだ子がいて危機一髪でした。マジ危なかった!
17071214.jpg
とりゃー!いや、えんやらや~♪。京都の祭りはあくまで静かで純朴でそして上品であります。
17071215.jpg
ギシギシガタゴト、車輪のきしむ音は不気味です。
17071217.jpg
この後15時から月鉾・菊水鉾、15時半から長刀鉾ですが蒸し暑過ぎ体が嫌がっているようで引き上げる事に。14時37分東洞院高辻の何とかホテル前の狭すぎる歩道をよろよろ進んでると、あれっ?なんか見た事あるお稚児さん?立ち止まりパチリンコン。影武者ではない、この後15時半から曳き初めだが一体?・・多分お礼参りでしょうね。
明日15時からの新町通の曳き初め。これ伝統の我が祇園祭。風情ありますよ。是非。ただしかなり多い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR