2017.06.1222:36

智積院に1輪の桔梗開花6月12日

6月12日月曜日。梅雨入り後もどんどん月日は経ち来月7月早々には待望の梅雨明けそして祇園祭の暑い夏がやってくる。
17061216.jpg
本日智積院に一輪の桔梗が開花してました

17061217.jpg
12時21分チャリは鴨川通過。塩小路橋から眺める七条大橋。如何にも梅雨空ですが雨の一滴も降るわけでなく終始晴れたり曇ったり。気温23℃。

17061218.jpg
新熊野(いまくまの)神社、後白河天皇御手植えと伝わる御神木の大樟(楠)。見にくいが枝を相当バッサリと切り落としてます。御神木と言う事で誰も手を付けたがらず10年程前までは道路半分以上はみ出てました。

17061219.jpg
七条通どん突き。終点はここ智積院。この門は普段固く閉ざされ、勅使門に当たるのかな?

17061220.jpg
右手に入口があります。桔梗はこのゲートすぐ後ろに開花。15日が青葉祭(弘法大師とここの先代のお誕生日)、毎年この日には桔梗がかなり開花してますが今年は相当遅れている。ここの寺紋が桔梗。

17061221.jpg
わかりやすい長方形の境内。真っ直ぐ進めば本堂。左手何かの顕彰碑の後ろにこの名の知れぬ夏の花。

17061222.jpg
智積院の紫陽花も結構見応えがありそろそろどうかなと駆け付けてみた。本堂左手。12時21分この1枚を最後に長い事曇り空となる。

17061223.jpg
見頃はもうちょっとでした。結構咲いてますよ。

17061224.jpg
本堂左手、階段を登れば弘法大師のお堂。稚児大師。幼いのにもう大師、あはは。15日このお堂で空海のお誕生日を祝って大師像に甘茶を掛けます(4月8日お釈迦様のお誕生花まつりと同じ)。また本堂前で法螺貝鳴り響く護摩炊きも行われ大勢の人で賑わいます。同じ日東寺でも降誕会が行われ大師堂で同じく大師像に甘茶を掛ける(上がれますよ)。大勢の園児たちが集い空海誕生日を祝います。

17061225.jpg
大当たり。何時ものコンビニでくじ引き。こんなのが当たったが食べる気しない。誰かに差し上げよう。・・手を突っ込んだらくじが2つしかない。なんか変。・・後から推測するに、常連さん用と滅多に来ない客用の2つ箱があり、僕には前者の箱を出したに違いない。外れなしに違いないと妙な邪推。まあでも当って気分が悪くなる筈はない。明日も行ってみよっと、あはは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR