2017.04.1820:11

三条大橋刀傷跡4月18日

4月18日火曜日。昨日は何を血迷ったか,分厚い雨雲急接近の中哲学の道大豊神社参道1本の桜の木を見る為駆け付け、見事に散り終えた大木を見上げ慌てて帰宅。その頃より本降りとなり・・
17041801.jpg
昨日17時の雨雲
17041802.jpg
同時刻の注意報。面白いのは京都だけ雷のみ。そんな馬鹿な?夕方からかなり激しく降り始め静かになった深夜ほっと安心の熟睡。風もかなり舞いすべての桜は散り散りに吹き飛ばされたに違いない。今年の春は風と共に去りぬ。
17041803.jpg
静かな夜明け。9時には日が射し予報通り曇りから晴れに違いないと今日も元気よく外出。スーパー巡り途上の壬生寺。矢張り散らされている。桜は実にはかない命ですね。だからこそいじらしいほど美しいのか。
17041804.jpg
壬生狂言の番組表が張り出されました。空白の日は開演直前に発表されます。行ってからのお楽しみ。他に例を見ない無言劇。三度の飯より好きで好きで大好きな熱心なファンが通いつめます。殆ど病気です、あはは。定員400名でたまに入場ストップの日もありますが一つ終われば帰る人がいて入れ替わりに入れます。拝観料800円。もう10年以上据え置き。すべて壬生狂言保存の為に使われます(それでも全く足りないのが実情)。壬生狂言最高傑作は「桶取」。男女の三角関係葛藤を面白くもしんみり涙誘うラスト。壬生狂言が出来た当初からの演目。大人気は「土蜘蛛」。殆どがこれを見て虜になる。まさに言葉は要らぬ。長くなるので以上。
17041805.jpg
正午過ぎても晴れてこない。買い物済ませたチャリは取り敢えず御所へ。堺町御門はす向かい京都地裁のシダレ満開から散り急ぎ。おかっぱシダレと勝手に命名。通行人の頭スレスレでおかっぱに。
17041806.jpg
出水の小川南端、楠の巨木(でか過ぎ)と桜。真ん中の木が・・
17041807.jpg
御苑唯一の御衣黄。よく似た桜がありますがこれぞモノホン。御衣黄とは新し天皇の即位式の時着る衣(御衣)の色に似ているところからこう言われるように。・・古より太秦広隆寺聖徳太子像に即位を終えたその御衣が伝統的に着せられます。まる秘。
17041808.jpg
13時05分三条大橋。結構降ったようだ。流れる水がかなり濁っている。
17041809.jpg
西詰の弥次喜多像のシダレ。このシダレはなぜかいつも遅い。今が満開。
17041810.jpg
ふとこんなのが目に。いつ立てられたんだろう?初めて目にする。・・ちょっとわかりりにくいですね。二つ目の南北擬宝珠って?南側と北側二つの擬宝珠にあると言う事?・・この傷は何となく聞いた記憶があるようなないような?池田屋は真っ直ぐ100Mの所。切り込んだ新撰組より囲っていた見廻り組と斬り合いになったのかな?斬り殺された長州藩士5名はそのままほったらかし状態。数日後見兼ねた池田屋女将が懇ろに弔ったと言う事です。アラカン映画で三条大橋での決闘シーンがあります。この池田屋騒動を描いたもの。今に見るそのままの橋。その時の傷なのかな?アラカンはエキストラ一切なしのすべて本人の演技。落馬して骨折した事も。
17041811.jpg
13時18分祇園白川。シダレ散り終え今度は八重が。
17041812.jpg
13時21分四条大橋。桜散る。
17041813.jpg
建仁寺法堂をぐるり一周取り囲む牡丹の開花はまだでした。あと1週間かな?殆ど知られてませんが結構な美しさ。
17041814.jpg
松原橋の八重。結構並んで咲いてます。
17041815.jpg
下まで降りて水位を。50℃まであった模様。春にしては大雨です。上流でかなり激しく降っている。
17041816.jpg
本日のお買いもの。左)千葉醤油で思わず衝動買い。これが江戸そばだとまとめ買い。右)半年に一度行く100円ショップで。シャンプーです。日本製とあり試しに買ってみる。身だしなみには結構うるさいのである!あはは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR