2017.03.1321:48

芸術の美京都御所梅林3月12日

3月12日日曜日。弥生3月に入って初めてではないかと思う雲一つない真っ青な青空、気温15℃無風。何一つ考えず飛び出たチャリ、先ずは本日が最終日の東山花灯路へ脇目も振らず直行、折り返し京都御所の梅林へとそよ風に乗ってフル回転。
17031240.jpg
13時33分、間之町口入って目の前の案内板奥の白梅を見つめる。後ろは閑院宮。
17031241.jpg
同じくくすぐったいいやらしい角度から
17031242.jpg
上下)出水の小川南側、白梅2本あり。ここは八重桜の隠れ名所でもある。
17031243.jpg
桜が咲くまでの天下
17031244.jpg
上下)梅林南端の白梅。紅は散り終え白が何とか踏ん張る。
17031245.jpg
梅林の中へ
17031246.jpg
日曜で多くの家族連れがピクニックに訪れ子供たちを叱り飛ばしている。泣く子笑う子様々な人間模様が描かれる。
17031247.jpg
大粒の白梅。年に一度の絶好の見頃となってます。後にも先にも今この時この瞬間にしか見れない芸術的美しさ。
17031248.jpg
クリックビッグサイズで
17031249.jpg
選別に相当時間を要す
17031250.jpg
この純白さは一体なんだ?
17031251.jpg
言葉にならない
17031252.jpg
言葉が浮かばない
17031253.jpg
言葉に尽きた
17031254.jpg
以上大粒の白梅
17031255.jpg
片隅のこう言うのも決して見逃さない
17031256.jpg
青空に浮かぶ梅はまた格別に美しい
17031257.jpg
以下)最後に再び梅林最北東角の1本を
17031258.jpg
人間で言えば働き盛り40代かな、貫禄の咲きっぷり。
17031259.jpg
誰が見ても思わず綺麗!と呟く。
17031260.jpg
非常に写しにくい場所ですが何とか面目躍如かな?・・ちょっと枝を動かしす、あはは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR