2017.02.0120:36

2月如月入り寒いスタート2月1日

名実共に2月入りした本日の京都地方。寒い寒い、途中から手がかじかんで大変でした。
17020101.jpg
名古屋大阪晴れマークも京都は終日どんよりの曇り日。右下の京都が怒ってるのではありません画像UPで元に。
17020102.jpg
11時ちょうど興正寺の梅。かなり薄暗くフラッシュ使用。
17020103.jpg
11時23分六波羅蜜寺。ここの節分は六斉念仏と舞妓さんの豆まき。国会議員前原さん今年も来るかな?
17020104.jpg
11時35分、こんな所で残金僅かなお金引き出す。
17020105.jpg
12時ちょうど、南禅寺塔頭に残雪確認。
17020106.jpg
12時12分南禅寺から戻る途中京都市動物園を挟んで比叡山の積雪を。
17020107.jpg
春の疏水十石船運行が始まって毎年川底の砂の除去が。1年間でこれだけ溜まります。白川が運んでくる川砂は真っ白で最高級品。乾くと真っ白けです。
17020108.jpg
日にちが見えない、あはは。確か来週です。平安神宮前。
17020109.jpg
12時23分。平安神宮の節分。宮中で行われていた「鬼やらい式」の再現です。これぞ本物の節分。いつかご覧あれ。ただし丸一日がかり。狂言も長い事続く。甘酒無料接待です。
17020110.jpg
以下)平安神宮から歩いて20分の聖護院界隈
17020111.jpg

17020112.jpg

17020113.jpg
法螺貝のメッカ聖護院。山伏が大挙勢揃いでホラを吹き鳴らします。結構集まりますよ。
17020114.jpg
門前の八つ橋の老舗屋さん。今年もつきたての餅入りぜんざいor黄な粉餅の無料サービス。・・前は両方で腹に応える満腹感でした。最近かなりな行列となり(こっそり)。
17020115.jpg
聖護院はす向かいの須賀神社さん。うら若き乙女たち御用達の小さな神社。懸想文=恋文。その昔貧乏公家たちが副業に恋文の代筆業を。素性が知れたらまずいと顔を隠しての変装でその出で立ちで境内をうろつく。
17020116.jpg
19日には市民マラソン。3年前まで鴨川沿いのコースでしたが、街中ど真ん中を走る様になり大迷惑。幹線河原町通は3時間は渡れませんので要注意。
17020117.jpg
東山丸太角、通称熊野交差の熊野神社。
17020118.jpg
今年はここのを食ってみようと思う。節分蕎麦=年越しそば。吉田神社山の中腹の店は年越しそばの暖簾がひしめいています。江戸時代旧暦は立春が新年と位置付けられこの節分の時古いお札を燃やす風習は今なお色濃く残る。
17020119.jpg
12時46分鴨川丸太町橋通過
17020120.jpg
13時13分京都御所「清所門」をバックに白梅を。完全に手がかじかみしかもかなり暗い。フラッシュ使用。もう駄目だ!チャリは背を丸めすごすご退散。
17020121.jpg
帰り道、護王さんの節分。
17020122.jpg
同じく商店街誓願寺さんの節分。
京都の節分は余りに多過ぎすべてを出せない。あと西陣地区では北野天満、おかめ節分の千本釈迦堂(北野天満が終わってから始める)。ちょっと足を伸ばし千本今出川を北に10分でくぎ抜き地蔵さん(昆布茶無料接待、多くの人がいますよ)。更に5分で千本閻魔堂、ここの豆まきは夜で千本六斉が2曲演じられます。こんにゃく炊きは薄味ですが結構腹に染みる美味しさです。閻魔堂さんは「福は内鬼も内♪」わかりますね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR