2017.01.0320:01

2017年東寺のお正月1月3日

1月3日火曜日。正月三が日も今日で終わり。昨年末から好天続きでしたが京都地方は曇りがちの晴れ。まだまだおとそ気分抜けきれぬお正月モードは続く。
17010301.jpg
弘法大師新年のお言葉。是非クリックで(このサイズは余り大きくならない)。
17010302.jpg
一応東門(慶賀門)から入ったと言う想定で・・
17010303.jpg
昨日2日はポッカポカ陽気にどこも大混雑だった
17010304.jpg
東門から僅かですが露店が並ぶ。僅かしかないので結構賑わっていた。
17010305.jpg

17010306.jpg
1本の白梅満開状態(見逃さない)
17010307.jpg
12時過ぎに訪れ13時までの間境内をうろうろ・・
17010309.jpg
南大門を外から
17010310.jpg
お正月の修行大師。1年中花が絶えない(後ろにも)。
17010308.jpg
「考える人」状態で難しい顔して戻る、木の影にビックリ!
17010311.jpg
大師堂(御影堂)。本日3日は「修正会」と言って新年に当たり国家国民の平安及び五穀豊穣を祈る日。
17010312.jpg
大師堂と向かい合う河津桜。毎年三条大橋西詰の木と先陣争いに明け暮れる。
17010313.jpg
13時過ぎ、始まりました恒例の大行列。大師堂裏側。
17010314.jpg
大師堂横
17010315.jpg
大師堂正面に出ました
17010316.jpg
昨年の7月から大師堂の大修復が始まり(平成31年末まで)臨時で大師堂正面。
17010317.jpg
本来は反対向きの行列(過去のブログ参照)
17010318.jpg
ペッたんぺったん、ついでにおでこにもペッタンコ
17010319.jpg
「おふなごう」と言って日本最古のお守りです。家に飾るも良し肌身離さず身に付けるもよし。その御利益は絶大でありこの行列見れば納得いくと思います。大師堂が枠で囲われているため何となく並びにくいようで1周回った所で後の人は減るのを待っているようだ。毎年1周回ってさらにジグザグでクネクネ並ぶ。押してる僧侶、この道を極めたプロ。これ一筋に生きている?あはは。後半はマジ手がしびれて汗だく状態。体力勝負というより気合いで頑張っている。10人位で分担してやればスイスイはかどると思いますが、1200年前の空海から続くその印鑑は一つのみ。永遠使い続けている(現代のは2台目らしく江戸中期の印鑑と言う事)。空海使用の初代は宝物館だったか?現存しています。
なお大師堂は修復で囲われている為平成31年まで(すべての)柱にぺったんぺったん押す作法は中止のようです。実に珍しい光景です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR