2016.12.0500:01

2016年心に染みる真如堂紅葉12月03日

12月3日土曜日。抜ける様な青空気温16℃しかも無風。絶好の行楽日和にチャリは南禅寺・紅葉の永観堂から一直線に真如堂を目指す。
16120354.jpg
最短コース。僅か10分で真如堂麓到着。13時29分チャリを適当に停めテクテクのろのろ余りな急角度の坂道をひたすら登る。右手に東山連峰が見えてきました、
16120355.jpg
坂道途中民家の紅葉
16120356.jpg
ひーひーゆうて登り切ると(僅かですがお年寄りに過酷過ぎ)、今度は更なる苦難が。つい最近こんな表示がお目見え。・・20Mと言ってもねえ、直線にすればそうかもしれないが、45度はある急角度の坂を登る。
16120357.jpg
ゼーゼ-、そのあと20Mとやらを登り切るとそこが真如堂。本堂裏手に当たります。この大木がお出迎え。
16120358.jpg
まさに見上げる大木。90度真上を見上げる。訪れる人皆ここで呆気にとられる・
16120359.jpg
13時37分の輝き
16120360.jpg
本堂裏手の真如堂で一番美しい紅葉林ですが完全に散り終えていた
16120361.jpg
ここは納経所でしょうか?
16120362.jpg
計算違いの早さに短足ただただおろおろうろつくばかり。鐘楼と紅葉。
16120363.jpg
本堂表側は更に早くとっくに散っている。どうしよう?取り敢えずグルリ廻ってみる事に。三重塔から下へテクテク。ふと、おお綺麗じゃん!
16120364.jpg
うわっ凄い!一人が二人に二人が・・、あっと馬に黒山の人だかりとなり一様に凄い!綺麗!・・烏合の衆!あはは。
16120365.jpg
先端部分。・・真如堂のもう一つの顔を見たようでこんなに凄いのか!
16120366.jpg
反対側に目が行く。三重塔右横お堂の下。
16120367.jpg
余りに真っ赤で両目が炎となる
16120368.jpg
デジカメではこれが限界。真紅の赤。まだ染まっている筈です。どなたか確認の写真を。ただ逆光に付き難しい撮影。・・この燃える赤は今年は南禅寺天寿庵とここのみ。目に焼き付いてしまった不気味なほど強烈な赤。
16120369.jpg
再度この角度から眺める。飽きる事なき美しさ。・・正直凄い!
16120370.jpg
来てみて良かった!この本堂裏手の紅葉林も相当綺麗ですが余りに早く散り過ぎてる。例年だと今が見頃。だが思わぬ発見に短足妙な優越感に浸り誰もいないのを良い事にスキップ足ルンルン気分で疲れも吹っ飛ぶ。
16120371.jpg
来た時の坂道を今度は転げ落ちる。後ろ東山(哲学の道)。この白川通へ抜ける道は余り知られていませんがこちらにもこんな紅葉です。
16120372.jpg
14j時15分の染まり。刻々と色が変わる(ただ15時に陰って来ます。
16120373.jpg
まさに七変化の美しさ。真如堂紅葉は完全無料、1年中いつでも誰でも自由に散策できます。なぜ拝観料を取らないのか?その理由は一部の人のみぞ知るで良い。すべては善意です。御仏の前に人間に上下はない。みな御仏に見守られる兄弟姉妹。生きとし生けるもの全て平等という博愛の精神に基づくからでしょう。場所がちょっとわかりづらいのが難点ですが、それが却って地元しか訪れない静けさを保てる原因ともなっている。南禅寺共々有難いお寺さんです。維持費だけででも大変でしょうね。
真如堂紅葉の美しさが心に染みわたった1日となる。・・心が清らかな人ほど美しく見えるのかも?あはは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR