2016.08.1919:01

2016年台風9号発生8月19日

8月19日金曜。何もしなくともだらけてしまうかったるい暑さ。買い物行くだけで息も絶え絶えに引き上げる。
16081905.jpg
本日19日15時台風9号発生。同時に10号11号も発生の可能性ありとか。遅れた分ニワトリの卵状態量産体制に入って来ました。1日1個。
16081901.jpg
36℃。この時だけ曇り表示で快晴の日でした。最高は37℃、大阪では38℃となっている。
16081902.jpg
予定ではぐるり3件のスーパー巡りと御所へ行く予定も、空見上げればなんか空しくなりトコトコ引き上げる。
16081904.jpg
本日11時05分熊本阿蘇で震度4マグニチュード4,3のちょっときつい揺れ発生。ずっと観察しています。久々阿蘇での強い揺れ。問題は震源の深さ。僅か10キロ、非常に浅い。ど素人の勝手な判断ですが、どうもマグマが活発に動いているのでは?
antoku1[1]
と言う事で外出はしたが暑さで夢遊病者状態に付き写真0。・・過去の写真から。この井戸・・
antoku5[1]
釣殿井と呼ばれる安徳天皇産湯の井戸です。検索で出て来ますが、3年前?お寺さんが本堂からすべて新築し入れなくなっている。貴重な写真です。六波羅蜜寺近く、平家に非ずんば・・、清盛絶頂期ここらは平家一門の豪邸で見渡す限り埋め尽くされ僅かな源氏方は桂川以西へ追い出されていたらしいい。福原遷都失敗で空しく引き上げた一門。一緒に後白河法皇、高倉天皇も戻られこの地で暮らす。そこへ待望の(悲運の幼帝)安徳天皇がお生まれになりました。高倉天皇は平家の行く末に失望したのか?僅か21歳の若さでこの地で崩御されました。御所九条家池、厳島神社に架かる世にも珍しい唐破風の鳥居、清盛が兵庫(神社)からこの地へ勧請と言われていますが、無論福原遷都で新たな都そして絶対守護神である厳島信仰、安芸の厳島神社から勧請したのは言うまでもない筈です。遷都失敗で一門と共に京の都へ移された。余りに歴史が古すぎ余りに激動過ぎ見つめる度に胸が締め付けられる。
kiyomi24[1]
ここから過去の六斉念仏。2011年8月7日、清水の舞台での中堂寺奉納六斉。これを皮切りに8月の六斉は一斉に活動開始。
miburoku6[1]
2011年8月9日、壬生寺精霊迎えの壬生奉納六斉。
kamitoba8225[1]
2011年8月22日浄禅寺における上鳥羽奉納六斉。ここは念仏専修の六斉。最近壬生六斉全面支援で芸能系を覚えています。かつてやってたらしい。
sagano82311[1]
2011年8月23日阿弥陀寺における嵯峨野奉納六斉。地蔵盆の時行われる様です。ここの住職が「祇園囃子」で浮かれた坊さんを演じ大笑いと拍手喝采の馬鹿受け。嵯峨野六斉は9月初めの松尾大社八朔でも行う。
kisshou8252[1]
2011年8月25日吉祥院天満宮における吉祥院奉納六斉。天神さんなんで8月25日と決まっている。年に一度境内は驚愕の人で埋まります(夕方から)。その目で確認を、なんじゃこりゃ?吉祥院六斉は年々廃れています。何とか復活を。!演目も相当ある筈ですが、演技者が年々一人消え二人・・。引き継いだ若い世代は途切れ途切れの演目となっている。教える世代が減り過ぎ。
umezu8283[1]
2011年8月28日梅津神社(大社)における梅津奉納六斉。8月最終日曜、嵯峨天皇祭の祭りの日。ここも夕方から気も狂わんばかりの人出となります。田舎らしく(失礼)皆さん大変行儀よく見学。ここで好きなのは「さらし」。独特の出で立ちのおっさん二人がパタパタ演じますが見ててうっとり。感動さへ覚えるような演技です。また「蜘蛛と頼光」では、謎の結末。これは一見の価値あり(意味不明)。長い長い村の伝承の結果訳の分からん結末となっている。壬生狂言「土蜘蛛」を見て村に持ち帰ったものでしょう。ここの六斉は、極めて田舎臭い、本物の(かつての)村の六斉がそっくり引き継がれているようほがらかさ。
kuze8311[1]
2011年8月31日(蔵王堂)光福寺における久世奉納六斉。ここは8月の終わり頃に行われます。場所は大変わかりにくいので各自確認を。ここも驚愕の人で埋まります(マジ身動き取れない。夕方から)。久世六斉は独特の節回しや演目で宗派の違いが色濃く残されてるのかな?ここは19時から子供六斉。近くの全校生徒参加かと思われる程の賑やかさ。21時辺りから本物の六斉。ここは上手い!通も唸る。祇園祭「花笠巡行」に必ず参加する。この25日は長岡天満宮でも行います。
81466[1]
2012年8月14日閻魔堂における千本奉納六斉。ここはめっちゃ面白い。この日のブログを見てください。

・・どこもかつての「村」としてそれぞれ独立自営が長い事続き、数百年経た今では同じ演技でもかなり違います。好きになってその違いを偉そうに講釈してもらいたい。まだ他の六斉講がありますが又いずれ。
なお「千本六斉」で検索すれば最初にホームページが出てきます。各六斉今月の日程がありますがちょっと見にくい。各自何とか調べて是非訪れてもらいたいですね。出町柳の干菜寺(光福寺)でも大復活した六斉あり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR