2016.07.1922:53

2016年祇園祭後祭山鉾建て7月19日

7月19日火曜日。三連休明けの京都地方は35℃晴れ。
16071901.jpg
快晴となってますがかなり曇りがちで夕方より晴れ渡る様に。
16071902.jpg
それでもまだ続々と低気圧が発生している
16071903.jpg
13時過ぎ、祇園祭後祭の山鉾建てが始まり様子を探りに。
16071904.jpg
大船鉾
16071905.jpg
上下)南観音山
16071906.jpg

16071907.jpg
北観音山
16071908.jpg
上下)室町の鯉山
16071909.jpg

16071910.jpg
山建てにまだ時間がありチャリは買い物へ。裏寺のお寺さん今月のお言葉。
16071911.jpg
一旦帰り、14時57分再び鯉山。大分完成しています。
16071912.jpg
山建て(松建てとも言う)は15時からですが着いたのは14時59分、あれ?もう建ってる。
16071913.jpg
並ぶ南観音山はまだまだの様子。周辺をうろつく。直ぐ傍のお寺さん今月のお言葉。
16071914.jpg
「百」と言うのは南観音山のトレードマーク。昔百足屋と言う豪商がいたのに因む説とここらは百足の足の様に路地が入り組んでいるところからの説有り。確かに複雑怪奇に入り組んでいる。町名も百足屋町。
16071915.jpg
同じくすぐ傍のお店
16071916.jpg
同じ場所に祇園祭の花「檜扇」。これは立派ですね!訪れたら是非眺めてください。
16071917.jpg
15時からの筈がかなり遅れ、15時55分、やっと土台部分の櫓を起こす。これから真松を差し込み最後に起ち上げるのですがまだまだ時間がかかりそうでここらで引き上げる事に。「山」は昔ながらのすべて人力で引っ張り上げます。
16071918.jpg
その傍らで師匠が簡易な結び方を教えていた。見てたら簡易どころか相当複雑な結い方。だが引っ張ればすっと解ける。早速弟子?たちが真似るも誰一結えない。これを匠の技と言うのでしょうか?昔の大工は絶対に教えてもらえなかった、盗んで覚えろとやかましく言われ続けその悔しさがバネとなった。師匠は傍で笑ってるだけ。目踏みしているのでしょう、誰が本物となるか?

なお明日二十日15時より南北両観音山および大船鉾同時の曳き初めです。今年はかなり少ないみたいで即参加できそうですよ。大船は四条超え錦まで進みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR