2016.07.1118:48

2016年36℃熱闘鉾建明日曳初め7月11日

7月11日月曜日。昨日参院選で自民圧勝本日の日経平均+600円急上昇。京都は36℃快晴と湯気が出る暑さに。
16071111.jpg
毎度チャリはグルグル徘徊、帰り道「鉾建て」の様子を探りに接近。12時56分長刀鉾。ちょっと遅れ気味もあと2時間ほどで建つ。
16071112.jpg
菊水鉾。実質本日からの鉾建てとなり毎年遅いも15時には建ちます。猛スピード。手前のジャッキのワイヤーでギコギコ引っ張り上げます。
16071113.jpg
月鉾がちょうど建てる時で函谷鉾はパス。カンコさんはとっくに建っている。毎年ぶっちぎりの速さです。
16071114.jpg
どの鉾も共通なのは真っ直ぐ伸びる心棒=真木)しんぎ)の真中に榊。仕上げに紙垂をくくっているところです。どこも関係者のみですが菊水さんのみ一般参加大歓迎であっという間の完成です。いつかご参加を。巡行の時気になって気になって後追っかけて行きたくなります。
16071115.jpg
月鉾「鉾頭」
16071117.jpg
ここは引っ張り上げる直前にパッと布を取る。純金。昔これが新月か三日月かで全く馬鹿げた言い争いになる。相手さん新月と言い張る。どちらも意地になる。・・どうでもいいことでした、あはは。
16071118.jpg
向こうからジャッキでぐいぐい引っ張り上げる
16071119.jpg
土台の櫓に音頭取りが立ってますね。扇子を打ち振って唄う様な調子でバランスを取ります。これを聞くと祇園祭の実感が。
16071120.jpg
新町通でも鉾建て開始。見えるは「放下鉾。船鉾でも始まりました。・・前と後に分かれ今だピンと来ない。後は後です←ダジャレのつもり!
16071121.jpg
鶏鉾。数年間若手にみっちり教え込み彼らがようやく巣立ったようで今年はかなり早いペース。
16071122.jpg
真木にそびえる「御神体」です。何だったか?・・どの鉾にもそれぞれその名にちなんだ神様が宿り一番大事なものです。
16071123.jpg
真木に燦然と輝く黄金の鶏
16071124.jpg
何百年間何一つ変わらぬ編み方「縄がらみ」。理屈抜きでこれが一番頑丈で一番安全なようです。匠の技はまさに驚異。
16071125.jpg
東京タワーに見えません?
16071126.jpg
13時23分ほぼ完成で最後の仕上げとなる紙垂のくくり付けを。この人数じゃ相当時間がかかる。菊水さんの様に一般参加を許せば?そうはいかぬ!でしょうか?頑固者め、あはは。
16071116.jpg
36℃。さすがにもうギブアップ。引き上げ途上直ぐの綾傘鉾さんの町会所(神社)。なんと飾り付け終了でもう見学自由です。昔の懸想品など、歴史が古過ぎとても勉強になりますよ。ここは祇園祭の歴史に相当詳しい人が常に番をしています。気軽にお尋ねください。知らない事ばかり教えてくれますよ。でも一応宵山となる14日からに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR