2016.06.1921:47

とある神社の例祭6月15日

6月15日とある神社で例祭が執り行われました。
16061532.jpg
この日弘法大師空海のお誕生日で同宗派ではどこもお祝いごと。チャリは東寺→智積院と移動し、次の目的地へ向かうべく真昼間炎天下の中走る。12時51分豊国神社前の公園に咲く百合に似た花。
16061533.jpg
13時03分団栗橋から鮎釣りを眺める
16061534.jpg
4分後四条大橋
16061535.jpg
買い物後13時26分二条大橋通過
16061536.jpg
13時41分京都御所九条家の池。あれ?池の厳島神社で何かピーヒャラ音楽が。
16061537.jpg
ここも例祭でした。色々あって5年ほど前から始められました。
16061538.jpg
御苑片隅に咲く紫陽花
16061539.jpg
「桃林」の桃の実。観賞桃でこれ以上は大きくならない。南高梅ほどの大きさ。
16061550.jpg
京都御苑内には3つの神社あり。先ほどの厳島神社、そしてここでも本日恒例の例祭が執行されました。
16061551.jpg
まばらながら必ず集まってくる信者さん達。ここは荒らされたくないので余り言いません。
16061552.jpg
何か見た事のあるお顔ですね。長い儀式が済むと筝曲。琴の事ですが弦の数など僕も詳しくない。わざわざ東京から来られたその道のプロ、家元。上手い!上手すぎる。しかもかなり美人でしたよ!
16061553.jpg
3曲演奏し、続いて茂山社中さんとこの狂言。
16061555.jpg
「柑子」と言うのはミカンの事で、当時では大変貴重なミカン3個すべてを召使である太郎冠者が食べてしまったからさあ大変。上手い事騙す掛け合いがその内容。この宮司さん、実は御霊神社の宮司。こう言う歴史に大変造詣が深く狂言のその内容を簡単ではありますがつまびらかに説明されやっとその意味が理解できた。こう言う人物は今では大変貴重な存在です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR