2016.05.2318:11

2016年下御霊神社のお祭り5月22日

5月22日日曜日。下御霊神社「還幸祭」の日。昼過ぎ家を出たものの暑すぎスーパーでウロウロ時間つぶし。
16052215.jpg

16052216.jpg
13時34分、全く偶然に二条大橋の所で神輿と遭遇。下御霊さんは川の向こう東山にも結構広い氏子地域があり神社本列の後に神輿が続く。
16052217.jpg
慌てて西詰へ移動。神輿も結構スピード上げて動く。
16052218.jpg
二条大橋を渡る唯一の神輿です(八坂神社祇園祭の神輿は行きは三条大橋帰りは四条大橋と決まっている)。
16052219.jpg
紫陽花と神輿。瞬撮必殺技!あはは。
16052220.jpg
神輿はそのまま真っすぐ・・
16052221.jpg
河原町二条通過
16052222.jpg
寺町一筋東へ入り込みここで休憩。もう13時41分、ちょうど暑い時でみな木陰でバタンキュウ。
16052223.jpg
チャリは下御霊神社へ行ってみる。13時45分、午前中東山地区を廻り一旦帰り昼からの出発前の風景。
16052224.jpg
先頭の「枝菊鉾」。これはもう祇園祭の「山」と全く同じです。
16052225.jpg
台車の「胴掛け」。10年位前新調されたものですが、その値段聞いて腰が抜けました。余りに巨額で差し控えます。すべてt町内個人負担との事。祇園祭は国や市から援助金が出る。
16052226.jpg
青空に燦然と煌めく下御霊神社剣鉾「枝菊鉾」。神社に残る貴重な資料から、元禄15年長宮(後の中御門天皇)御寄進。元禄15年=1702年。赤穂浪士討ち入りの年。長宮ってなんだろうとウィッキで=幼名を長宮(ますのみ や)。・・この台車に乗せた姿が段々エスカレートし祇園の「鉾」となったようです。財力が物を言ったのでしょう。新洞に残る三つの剣鉾は昔ながら人が担いでチリンチリン♪鳴らす剣差です。午前中自分とこのみ。
16052227.jpg
14時出発で少し時間がある。チャリは再び神輿へ。
16052228.jpg
神輿を担ぐ棒=長柄に刻まれる文字=「上川原」。昔の言い方ですがどこらの地域なのか?どなたかご存じありませんか?・・多分江戸年間は二条通を境に上と下に分かれておりその名残と思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR