2016.05.1822:48

2016年「御霊祭」神輿の巻

5月18日水曜日。今日は「御霊祭」の日。日本晴れ無風、気温は朝11℃から29℃と体が付いて行けない急上昇でした。
16051831.jpg
御霊祭と言っても全国的には全く?でしょうね、でも京都では知らぬ者はいない有名なお祭りです。あと10月1日からの北野天満「ずいき祭り」も覚えておきましょう。御霊祭先頭の本社還幸列が行き過ぎ少し間をおいていよいよ神輿が繰り出してきました。場所は同じ堀川第一橋(中立売橋)。
16051832.jpg
イライラする糞暑い中神輿は根性で突き進む
16051833.jpg
次に小山郷で、ここらまで小山郷のテリトリーとなっているようです、知らなかった。今出川口ではないみたいですね。
16051834.jpg
写真では伝わりませんが間近で見ると相当な巨体です
16051835.jpg

16051836.jpg
続いて末広神輿ですが・・
16051837.jpg
狭い辻を廻り切れない
16051838.jpg
担ぐ棒が長過ぎ身動き取れ無くなってしまった。大型4tトラック並みの長さです。後ろと前の息が合わないとこうなる。リーダーの音頭取りの采配がすべて。何とか曲がり切る。全て人海戦術なんで後ろは押す前は引くでかなり危険でした。挟まれたら痛いどころか・・。
16051839.jpg
おじさん大喜び
16051840.jpg
三つの神輿、三者三様でそれぞれ特徴のユニフォーム。
16051841.jpg
下長者ずっと進む。後ろの森は京都御所。大文字が見えますね。
16051842.jpg
寺町下長者で長い昼休みとなる。しかし御霊神社からここまで、歩くだけでも大変なのに大変なお疲れ様です。
16051843.jpg
少し離れた場所が先頭を行く剣鉾の休憩所。現在3基の剣鉾が参加ですが、本来御霊神社は50数町あり神社が把握しているだけで13(だったか?)の剣鉾が残っているらしい。参加どころか飾りもできないほど高齢化が進み宝の持ち腐れと言うかなんとか保存はできないものでしょうか。
16051844.jpg
この鷹羽鉾がどの町内で飾られてるのか、まだ見た事がない。
16051845.jpg
戻ってみると、新町下長者の辻、府警のところで小山郷が差し上げていた。こんな所で、これも初めて目にする。この後烏丸今出川の辻で最大の見せ場「辻回し」。
16051846.jpg
皆さん、肩の痛みより暑さに参っている。11℃から29℃の垂直上昇に体が付いて行かない。
16051847.jpg
トリの宮司暑すぎ無言のまま。寝てるのかも?
16051848.jpg
休憩に入ってどの神輿も夜に備え提灯を取り付ける。本社へ帰るのは20時過ぎ。それほど遠くまで来ています。
16051849.jpg
ここは直ぐ近くの護王神社さん
16051850.jpg
長い昼の休憩はここ。みな座り込んで弁当をぱくつく。と言うか参加者も警官もみな水分補給。
御霊さんのお祭りはいつ見てもすっきりと気持ちいですね。田舎なんで皆仲が良く喧嘩一つ見た事がない。隣同士ですもんね、できるわけがない。力を合わせさあこれから後半戦。力の限りの辻回しを!
16051851.jpg
15時10分、あと1時間が待てずチャリは蛤御門から入り込み我が家へ一目散。暑さに負けました、あはは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR