2016.05.1223:09

2016年下鴨神社「御蔭祭」5月12日

5月12日木曜日。3日ぶりに晴れ渡り気温は27℃。
16051217.jpg
本日12日は葵祭の15日を前に鴨族元々の本拠地の神様を下鴨神社までお連れする「御蔭祭」の日。
16051218.jpg
「おかげ」ではありません「みかげ」
16051219.jpg
15時前の下鴨神社境内。敷かれる砂が真っ白で目がやられてしまう。多分白川砂です。
16051220.jpg
葵祭がどんな祭典かよくわかりますね
16051221.jpg
糺の森。身を正す(糺す)。不思議なパワーを秘めている。
16051222.jpg
この糺の森参道真中で「御蔭祭」は行われます。
16051223.jpg
だが待てど暮らせど一行の姿は現れず、とうとうしびれ切らし帰ってしまいました。
051208[1]
何とか探したら出てきました。2012年5月12日の「御影祭」。ラジオ体操ではありませんよ、「東遊び」と言って山奥から到着した神様の前で祝福の舞い。
051213[1]
何でも神武天皇に続く第2代綏靖天皇の時代より続いている祭りと、今日待ってる間聞くともなしに聞いていたアナウンスで言ってました。半分ホントでしょう、あはは。
051215[1]
結構な見物人。江戸時代は本番の葵祭りに匹敵する人気があったと言ってました。比叡山中腹にある「御蔭神社」の神様を年に一度、この葵祭にご招待。白馬(神馬)にまたがって揺られゆられて遥々ここまでおいでになる。この行列こそが数多の神社「神幸祭」の始まりらしい。神輿が現れる以前の原始的形態=神が馬に乗って出てくる。これは確かですね。だから相当古い。実際この後最後神馬は神を乗せて下鴨神社本殿へと入り込んで行きます。その写真どうしても出てこない。余りに歴史が古すぎ俄かに信じがたいが、どうにも真実なようです。
16051224.jpg
今後のスケジュール。15日直前14日の堅田(琵琶湖)供御人行列「鮒奉献」。こんなのあったんかいな?
字が読めず調べたところ供御人(くごにん)=日本中世において、朝廷に属し天皇・皇族などに山海の特産物 などの食料や各種手工芸品などを貢納した集団である。後に、貢納する物品の独占 販売権を取得し、座に属する商人と同様の活動を行った。禁裏供御人とも。
何となく思い出したような・・?鮒の献上と言うのも珍しですね、どなた様か好物だったのかな?僕は苦手です、あはは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR