2016.04.1822:05

2016年(伏見)稲荷祭4月18日

4月18日月曜日。寝冷えらしく風邪ひいて奥歯が痛い。
16041801.jpg
今年も稲荷祭の頃となりました
16041802.jpg
今日は曇りから晴れ予報も終始曇り日。途中幾度もパラパラ降ってきた。
16041803.jpg
お稲荷さんの御旅所へ向かう途中
16041804.jpg
JR京都駅八条口直ぐ近くに御旅所があります
16041805.jpg
毎年変わらぬスケジュール
16041806.jpg
変わったのは、23日の催し物と29日のマジックショー。これは初物です。
16041807.jpg
この湯立てと言うのも見た事がないが昔よりの伝統みたいです。縁起ものでしょうね。
16041808.jpg
昨日17日伏見稲荷から5つの大きな神輿がここへ集まって来ました。年に一度の大集結。最終日5月3日の還幸祭までここに渡御駐輿します。昨年からこのように鳩防止の為金網が張られる。5つの巨大な神輿が並び氏子のお詣りが絶えない。
16041809.jpg
その一つ、不動堂村の神輿の巡行。5か所同時スタートで規模が余りに大き過ぎ全部を見た事がない。JR京都駅を挟み一斉に練り歩く。尤も京都駅は後からできたものでありその氏子地域は空前絶後の広範囲に及びます。大昔より八坂神社との境界線は松原通で今もここを境に氏子が全く違う。
16041810.jpg
御旅所入口の大きな鳥居。昭和10年建之とあります。戦前まで昔ながらの郷村として独立していたようです。なお不動堂村は「ふどん村」と昔の人は言う。今の都会の様からは想像もつかないのんびりとした田園風景が思い浮かびます。新撰組3番目の屯所はこの不動堂辺り。上の写真伊東 甲子太郎が刃に倒れたのも直ぐ近くです。
16041811.jpg
チャリは移動。5分で東寺へ。晴れるどころかパラパラと小雨。
16041812.jpg
お大師今月のお言葉
16041813.jpg
小雨の中境内をうろつく
16041814.jpg
今月21日の弘法市、ここ東寺ではこの日を弘法大師祥月命日と定め「正御影供」が執り行われます。何時もは閉ざされている灌頂院(北側の門)が開けられ空海使用の井戸に赤馬が飾られます。是非覗いてみてください。詳しくは過去のブログか検索を。
16041815.jpg
チャリは移動、小雨ぱらつく中3分でお隣六孫王神社の八重桜を。
16041816.jpg
薄雲りで写りさっぱりですが、先行開花のソメイが散り終え八重が真っ盛りの満開となっています。晴れてたらかなり綺麗ですよ。
16041817.jpg
佇むのは僕と外人の女の子二人のみ。火花散らしての激しいデットヒートとなる、あはは。凄い美人でスタイル抜群。互いに意地になる!いやムキになる!
16041818.jpg
ここの藤も結構綺麗です
16041819.jpg
その本殿脇にポツンと灯籠
16041820.jpg
今まで気にもしなかったがふと目に留まる。元禄16年。調べてみると1703年。江戸で巨大な元禄地震。翌年から宝永年間に変わっている。ここの秋のお祭りは別名「宝永祭」かなり活気があったようです。・・この巨大地震(大晦日)発生で改元したようです。
16041821.jpg
晴れるどころか本降りとなりそうな雲行きにチャリはひーひーゆうて帰宅を急ぐ。途中の公園に白い藤。
16041822.jpg
買い物も済ませ後は帰るのみ。13時13分管大臣神社シダレ梅にはや梅の実。唾液を抑え家路へと消え去る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR