2016.04.1221:18

2016年仁和寺「御室桜」4月12日

4月12日火曜日。今日は快晴(のち曇り)。今日はあの悲惨極まる四条縄手の大事故からはや4年目。あの日の出来事は今も鮮明に心に残る。心よりのご冥福を。
16041205.jpg
御室桜全開満開
16041202.jpg
4℃→20℃(夕方の天気見たら20℃まで)
16041203.jpg
御室仁和寺の桜が満開と聞きつけ一目散に駆け付ける。妙心寺のお言葉眺め境内を突っ走り・・
16041204.jpg
10時21分堂々の到着。ここは仁王門でなく二王門です。何となくわかりますよね・・?
16041206.jpg
二王門から
16041207.jpg
観桜券より入場券で良いと思います
16041208.jpg
テクテク前進。勅使門を左にちらちら眺め・・
16041209.jpg
拝観料500円払い(好き勝手にどんどん平気で上げる入場料の中でこの値段は格安にさへ思えてくる。目茶苦茶好き勝手な値上げが続いています。ここは皇室直結の格式が全く違う筆頭門跡寺院。お金じゃない真心の問題。誠に有難きお寺さんです)、中門へ。
16041210.jpg
おお!ごしつじゃなく1年振りの御室桜
16041201.jpg
.こんな桜です。ずんぐり、足元から咲く独特のスタイル。この原因を突き止めるべく京大チームがあれこれ解明を試みるもさっぱり?江戸初期に交配して生まれた品種らしく、それが300年後の21世紀の今原種の姿に帰り咲いているとの事。有明一重と言う種類。これ以上は決して伸びない不思議さ。
16041211.jpg
散るも桜。秒読みで散っています。早めに来て良かった!しかも晴れ渡る絶好の天気。
16041212.jpg
相当早く駆け付けまだ朝の10時半。それでも数珠繋ぎの混雑。
16041213.jpg
御室桜独特のスタイル
16041214.jpg
毎度、最初の花畑通り過ぎた奥。五重塔をバックに一番絵になる所。昼を過ぎると身動き取れなくなる。経験から生まれた今日の行動です。
16041215.jpg
10時半でこの行列です。焦る気持ちわかるでしょ!昼過ぎのピークはスタートの入口から渋滞で入れない。
16041216.jpg
桜の白が乱反射しかなり眩しかった
16041217.jpg
あちこちから「凄い!」のため息が漏れ聞こえてくる
16041218.jpg
皆さん立ち止まってパチリパチリ、全く進まない。渋滞するはずです。
16041219.jpg
桜自体がそんなに綺麗と言うのではなくまとまっての一斉開花が脅威。まさに花園です。
16041220.jpg
「わたしゃお多福御室の桜 鼻(花)は低ても人は好く」・・古より知れ渡る御室桜。都最後の桜です。 
16041221.jpg
正直、生涯で一度で良いから訪れてみてください。感動しない訳にはいきません。
16041222.jpg
瞼に焼き付く美しさです
16041223.jpg
ゴールを振り返る
16041224.jpg
厳選した写真のみ載せています
16041225.jpg
ミツバツツジも撮り終え11時16分帰宅の途へ。どんどん訪れています。
16041226.jpg
11時18分中門より消える。
・・御室仁和寺は宇多天皇創建以来何一つ変わらぬ姿です。全域が世界遺産に指定されてますが、世界と言うより日本の誇りですね。桜が終わっても四季折々の花が咲き静かで心洗われるお寺です。ただ境内が余りに広過ぎここだけで半日は要します。でも一度訪れたら必ずまた来たいと言う気持ちになるのは矢張り不思議な魅力があるからでしょう。お寺の僧侶もみな心優しい人ばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR