2016.04.0521:45

十石船をただぼんやり眺める4月5日

4月5日火曜日。予報は快晴予報。喜び勇んで朝もはよから飛び出したチャリ、すぐさま曇って来てあれっ?
16040516.jpg
そのまま全く晴れる気配なし。計画は諦め円山公園へ。11時16分円山公園出たらすぐ横の知恩院。
16040517.jpg
この三門、大きさは日本一。こんな大きな図体を僅かな柱で支えている、昔の建築技術は素晴らしいですね。現代の高層ビルは地震の際自らクネクネ揺れるように設計してます。見本は昔の木造建築。理屈ではなく人間の確かな目で見た昔の棟梁の匠の技の方が遥かに上を行っているようです。
16040518.jpg
知恩院新年度最初のお言葉。・・恐れ入りました!
16040519.jpg
快晴予報に、今日の計画ではまず清水寺満開の桜→哲学の道満開の桜、後は行けるところまででしたが出て早々曇ってきた。全く晴れる気配なくしぶしぶ断念、11時32分円山公園から疏水「十石船」まで来てみる。
16040520.jpg
11時33分乗り場を覗き込む
16040521.jpg
横では救命胴衣着用。・・今年から?転覆するわけないと思いますが、法令で義務付けられたのかな?今年で10回目くらいになりますが初めて見た。周りを見渡せば大人も。これは任意?何となく暑苦しそう。
16040522.jpg
「5時間ほど先」?前の「5時間待ち」でいいのでは?逆に妙な日本語に思えますね。・・結構並んでました。日が暮れてしまいそうですが・・あはは。
16040523.jpg
11時36分南禅寺参道入り口まで来てみる。空は段々暗くなり遠出どころではなくなった。ここで潔く引き返すことに。
16040524.jpg
11時46分平安神宮左近の桜。もう殆ど散り終えていた。大きな木で京都御所左近の桜と同じ山桜ですね。散り方が実に潔い。その京都御所春の一般公開は明日6日からです。快晴予報にどこをどう廻るか今から頭が痛い。
16040525.jpg平安神宮のおみくじ
16040526.jpg
ポスター。・・ここの紅シダレ(昔)はつとに知れ渡る名物でした。鮮やかな真紅。歴史的にもかなり数奇な運命をたどってます。
16040527.jpg
鴨川へ引き返す途中十石船を
16040528.jpg
晴れてたら真っ白けです
16040529.jpg
解体中の熊野橋。ここから眺めるソメイは天下一品!・・今年は入れない。残念無念また来年。
16040530.jpg
12時23分鴨川へ出る。毎度の川端冷泉から。今日も薄曇りでぼんやり。人間の大きさで桜の巨大さが分りますね。疏水沿いで最大かつ最も美しい1本です。人間で言えば働き盛りの人生最も輝いている時。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR