FC2ブログ
2016.02.0322:23

2016年壬生寺の節分2月3日

2月3日水曜日。今年も節分の日がやってました。鬼は外♪と言いますが、最近何となく悟ってきたのは、僕自身が鬼ではないのかと・・?
16020301.jpg
壬生寺の節分
16020302.jpg
今日も晴れの10℃予報でしたが8℃止まりの肌寒い曇り日。途中みぞれが降って来ました。15時過ぎより晴れ渡る。
16020303.jpg
朝間は晴れてたものの外出した途端曇ってきた。正午過ぎ壬生寺を闊歩。外の通りの混雑ぶりですがちょっと少ないかな?水曜平日もありますがそれよりやはり天気次第でかなり違う。晴れると皆繰り出し肌寒いと閉じこもる。
16020304.jpg
でも境内はどこからとも現れる参拝者でかなりの混雑中
16020305.jpg
壬生寺の節分と言えば「炮烙」。殆どの人がこれ目当てで訪れます。1枚500円。この店は無地のまま売っている。書き手が間に合わない以上に売れてしまうのでええいどうにでもなれと言うやけくそ販売、あはは。
16020306.jpg
奥のテント小屋でしたためる店もある。
16020307.jpg
半分は通い慣れてる人で黙々すらすら書き綴る。残りは初めての人で誰彼となく覗いては見よう見真似で書く。
16020308.jpg
この店は皿の裏側は「厄除」となってますね。「大念佛」が殆どですが後は個人の好みとなるようです。
16020309.jpg
入口門の店。昨日無地450円で売ってましたがチラリと見たら500円に戻っていた。徹夜でしたためたのでしょうね。何百枚も黙々と書く作業は忍耐力が必要。
16020310.jpg
・・どうも境内外の個人の店が「厄除」で中のお寺関係の店が「大念佛」と書くみたいです。何となく意味が分かる(わかりますね?)。
16020311.jpg
この店も黙々とひたすら書いてますが、手前、殆ど売れていて間に合わない状態。いい加減嫌になっているようです?あはは。
16020312.jpg
土日が重なると2重3重で書くので肩やっ肘が当って字が飛び散る(でも喧嘩になった事は過去一度もない、それが京都。田舎です、あはは)。
16020313.jpg
新年を迎え気持ちも新たに願い事を書き連ねお寺に託す。壬生寺伝統の光景。
16020314.jpg
願い事を書き終えた炮烙を大事に抱えテクテク進み・・
16020315.jpg
本堂左手のここでお寺さんへ奉納。春の壬生狂言で割ります。何万枚に達するのでしょう。10万枚?
16020316.jpg

16020317.jpg
本堂へのお参りも大混雑となって来ました
16020318.jpg
この節分の時だけ演じられる壬生狂言の「節分」に並ぶ庶民
16020319.jpg
無言劇ですが紙芝居を見るようなわかりやすい身振り手振りで演じます。そして見れば見る程可笑しくなるから不思議です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR