FC2ブログ
2016.01.2321:48

自転車走行空間実証実験in京都

1月23日土曜日。一昨日大寒で暦通り明日から猛烈な寒波が襲ってきそうです。京都市内明日の気温は2℃から-2℃と北極並みの異常低温予報。朝凍り付いていなければ良いが・・あはは。
16012219.jpg
昨日今日と河原町丸太交差点通過。そこでふとこのような看板を。・・「自転車走行空間実証実験中」?なんじゃこりゃ?早速探りを入れてみる。
16012220.jpg
交差点を軸に東西南北僅か100Mほどの実験的自転車走行ライン設定。
16012216.jpg
相当広い交差点で歩行者及びチャリは当然横断歩道を渡らねば危険極まりないと、それが当たり前なのですが、ご覧の様に車と同じくまっすぐ進めと。
16012217.jpg
こんな広い交差点です
16012218.jpg
何でも一昨日から抜き打ち的?に始めたらしい。
16012311.jpg
見た目がよろしいが、朝夕の通勤ラッシュ時バスは酷い時は5台くらい数珠つなぎとなります。10分くらい待機せよと言う事でしょう。しかも見ての通り左折の車は遠慮なしに自転車ラインを走る。
16012312.jpg
真っ直ぐ進むだけなら別段危険性はないみたいですが、これが左折右折の時、どのような走行をすべきなのでしょう?車と同じ?それとも横断歩道を渡れ?どうにも中途半端な取り決めに見えます。
16012314.jpg
今日の昼間。この女性だけがここを走る。残るすべての自転車は当然横断歩道を走る。・・これが昼間なら視界は広がるが、朝夕の通勤ラッシュ時、相当なマイカー商用車及びバスが走り回る。しかもどの車も焦る。夜真っ暗闇での走行は命がけとなるのでは?深夜酔っ払いがフラフラ走ってたら驚くのは車の方でしょうね。幼い子の乗る幼児用自転車そしてその親がチャリの前後に二人の幼児を乗せて走る場合もここを走りなさいと言う事でしょうか?フラフラとしか走れない高齢者もここを走りなさいと言う事でしょうか?色々聞けば今度から自転車はここしか走ってはいけない、横断歩道はいけないとなるそうです。
16012315.jpg
右折の車と直進の車、その合間を縫うように走る自転車、実験とは言えどうにも危険極まりないと思いますが?再度言いますがこれが深夜だったら・・?
16012316.jpg
しかもよく見てください、自転車および隣の原付、左右に走る車道ギリギリの位置で待機(信号待ちせよとなってます。車同士でぶつかれば車が壊れるだけですが自転車は跳ね飛ばされますね!その実験なのでしょうか?
16012317.jpg
この寺町で終わり、ここからは歩道を走れとう事らしい。若い世代なら言われなくとも理解できますがお年寄り及び小学生はわかる筈がない。
早い話、四条通り片道1車線同様、車はスピード出すな、繁華街では限りなくスピードを落とせ。これを先にやるべきだと思います。・・正直な話、この実験は直ちに止めてもらいたい。事故が起こってからでは遅いと思います。運転手も市民も誰一人知らないこの実験。裏町の限りなく交通量の少ない所でやれば問題なしですが、選りによって相当混雑する河原町丸太交差。重ねて言いたいが、視界が広がる昼間なら危険は察知できるも夜深夜ともなればライトの灯りで目がくらむ。雨や風の日、力のないご老人は一気には渡れない。・・なぜ一番安全な横断歩道を渡ってはいけない?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR