FC2ブログ
2015.12.0123:09

◎遅れてユリカモメ出町G飛来12月1日◎

師走入り初日。天気は快晴に近い青空、気温は15℃。師走入りと言う事で何が何でも走らねばとそればかり念じチャリは走って走ってたまに休憩したりして・・
15120121.jpg
13時50分知恩院黒門到着。知恩院今月のお言葉。ここは難し高尚な単語熟語の羅列ばかりでわかったようなさっぱりわからない難解なお言葉がメインですが、今月はかなり庶民的なお言葉です。だが意味深なお言葉ですね。
15120122.jpg
国宝の三門から左へ100M、この風景。
15120123.jpg
この紅葉、かなり葉っぱが大きいのですがノムラモミジでしょうか?今年はちょっと半端な染まり方ですがそれでもやはりかなり真紅に染まっている。
15120124.jpg
毎年イチョウは直ぐ散ってしまうのですが今年は両者揃い踏みでかなり乙な眺めです。
15120125.jpg
師走だよ走りなさい走りなさい、そんな囁きがどこからともなく聞こえてくる。その声に応えるべくチャリは必死の回転!14時7分南禅寺参道到着。
15120126.jpg
個人客はかなり減ってますが観光バスはまだかなり集まっている
15120127.jpg
これは殆どバスの団体客
15120128.jpg
あまり時間がないので適当にパチリンコン
15120129.jpg
水路閣上の塔頭、その後ろの山。誰一人見向きもしなかった景色も僕が執拗に何十枚も撮ってると何時の間にやら訪れる観光客全員カメラを向けていた。・・30枚くらい撮ってどれもイマイチはっきりと写っていない。デジカメは接写は抜群ですが遠景はやはり粗雑ですね。こういう時は本格的カメラ。光り輝く美しさでした。
15120130.jpg
歩く時はさすがに走らない。短足大人しくテクテク水路閣へ戻る。
15120132.jpg
怪しげに光を放つ木
15120131.jpg
去る前に三門をバックにパチリンコン
15120133.jpg
走れコータロー♪鴨川まで一気。14時48分疏水が落ちる田辺小橋到着。おお!ついに出町軍団がお目見え!
15120134.jpg
早速餌やりおじさんに人懐こい仕草でまとわりつく
15120135.jpg
この田辺小橋を境界に正面橋を本拠地とする七条軍団と出町橋を本拠地とする出町軍団の2グループに分かれています。全く別の集団でねぐらも大阪湾と琵琶湖と全く違う。だが昨年、初めて目にした光景は正面橋に両軍団が一大集結しそのまま川の中央で夜を明かした。何か異変が起きたのか?それともユリカモメが進化したのか?・・確かに言えるのは出町軍団の本拠地出町橋で一昨年から餌やりを厳しく監視(注意)しておりそれまでユリカモメ(150羽)、トンビ(数十羽)カモ(まばら)カラス鳩スズメ白青サギ(たまに飛び入りでゴイサギ)ヌートリアと鴨川豪華キャスト勢揃いの一大集結地だったのが昨年は全くのもぬけの殻、それにつれて散歩がてら眺める人も全くいなくなった、ユリカモメにとっては死活問題、活路を求め七条軍団と団結したのか?
15120136.jpg
今日見たのは30羽前後2つの小グループ
15120137.jpg
カラスやトンビは人様の食事を隙を見てはかっぱらうがユリカモメは至って行儀が良い。好かれる原因ですね。
15120138.jpg
そもそも鴨川にユリカモメが現れたのは昭和40年初め、台風直撃で大阪湾をねぐらとしていたその一部が緊急避難的にここへ舞い降り珍しい鳥に都人は早速餌を与えてやった。味を占めたこやつら横着にも翌年から必ず訪れるように。・・これが最初らしい。つまり、餌やりはいけない事なのか?はっきり言えば誰彼となくユリカモメ以外のトンビとかヌートリアに餌を与えるから、それが余りに目に余る日常的光景となっていた。トンビにバケツ一杯のパン屑投げるおじさんがいた。来なくなったらトンビどもは堂々とお昼の食事を盗もうとする。自分で獲物を狙うと言う事を忘れてしまったようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR