FC2ブログ
2015.07.1122:18

◎「鉾建て」新町通りも始まる7月11日◎

7月11日土曜日。蒸し暑い猛暑日となりました。
15071101.jpg
今日明日は35℃予報。だが本日は34℃止まりみたいでした。僅か1℃の違いですが精神的にかなり楽。
15071102.jpg
台風と高気圧一騎打ち。赤勝て白勝て!
15071103.jpg
朝からかなり暑く、我慢できず冷房入れた途端出るのが億劫に。だが僅かなブログファンの為にも写真1枚だけでもと意を決死灼熱の街角へいざ繰り出さん!・・13時25分チャリは新町通り北上開始。いきなり「岩戸山」に遭遇。新町通りも本日11日から山鉾建てが始まりました。
15071104.jpg
続いて「船鉾」の鉾建て。並んで「大船鉾」ですがこちらは後祭りです。・・なぜ前にある大船鉾が後祭りで後ろの船鉾が前祭りなのかよくわからん、あはは。
15071105.jpg
新町を北上、四条通り過ぎて直ぐの「放下鉾」。余り知られていない?様ですがこちらも巨大な鉾です。
15071106.jpg
毎年ベテランの編み方さんが少数精鋭で手際よく組み立てて行く。
15071107.jpg
新町を戻り、四条通りから月鉾を眺める。後ろは函谷鉾、その後ろに長刀鉾。
15071108.jpg
鶏鉾。余りに大き過ぎ全体が収まらない。高さは優に20Mを超える。
15071109.jpg
鶏鉾から真っ直ぐ進むと直ぐに菊水鉾。ここのみ交通事情により実質本日からの組み立てで短足が現れた13時43分時点まだ真木は横向きのまま。
15071110.jpg
猛スピードで編んでいます。間もなく立ち上がるからそのスピードたるや猛烈。どこもですが立ち上がった瞬間自然と拍手が沸き上がる。かなりエキサイトする瞬間です。
15071111.jpg
菊水鉾真木の最先端(鉾頭)。見たことある文様ですね、そう皇室のそれ。
15071112.jpg
車輪(幅は2M近くあります)の軸。ここにも菊花紋。実はこの菊水鉾のみ許可されてます。そのいきさつを知りたくてあれこれ探った事がありますが古老さへ?。ただ確実に言える事はこの紋はまさしく天皇から頂いたものであり公家からのものでは無い筈です。
15071113.jpg
あれ?早くも「粽」売ってました(片隅で)。大体鉾の組み立てが終わる明日からですが・・?あはは。
15071114.jpg
今少し時間がかかりそうで、チャリは一旦スーパーへ買い物へ。30分後の14時28分短足は再びトコトコ現る。ちょうど榊に紙垂を取り付けるところ。
15071115.jpg
どさくさに紛れ短足も1枚括り付ける
15071116.jpg
巨大マスト、真木の真ん中辺りにこのボコボコ部分。これは赤熊と言う部分らしい。赤熊と言えば時代祭り先頭を行く官軍の勤王鼓笛隊を指揮する馬の兵士が歌舞伎役者のような赤いカツラ被る。邪気を追い払うと言う縁起を担いでの伝統でしょう。
15071117.jpg
立ち上がった姿がこちら。チャリは最後長刀鉾へ移動。同じようでかなり違いますね(数も)。長い伝統の末こうなったのでしょう。他所さんはどうなんだろう?・・また楽しみが一つ増えてしまったようです、あはは。
15071118.jpg
本日の各鉾は大体骨組み完成で終わり。明日急いで飾り付けし14時頃から5つの鉾順次曳き初めです。要確認でお出かけください。長刀さんが一番最後の15時半から(確認)。ちょうど土日でかなりな混雑が予想されます。財布だけはしっかりと懐に!・・命は落しても財布は落とすな!あはは。
15071119.jpg
長刀鉾最先端の祇園祭のシンボルともいえる長刀。立ち上げる前目の前で見たら包丁の様に研ぎ澄まされており触ったら手が切れてしまいそうでした。今はレプリカと言う事ですが50年前?までは本物の三条小鍛冶宗近作を使用していたと言うがその真偽のほどは定かでない。いろんな説があります。ただ、どうも信長時代に代わったかのようでありますがこれとて信憑性は全くの?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR