2015.06.0823:01

◎2015年東寺の紫陽花6月8日◎

6月8日月曜日。3日に梅雨入りした京都ですが晴れと雨の日が交互に訪れわかりやすかったが、本日から本格的な梅雨入りの様相を呈してきました。正午に外出、14時過ぎからポツリポツリと降り始め慌てて帰宅。以降段々と降って来て本降りとなる。現在22時過ぎ、本降りは続く。
15060820.jpg
六孫王神社.の紫陽花撮り終えチャリは3分で東寺到着。南大門から様子を窺う。少ない。チャンスだ!
15060821.jpg
大師今月のお言葉。とても1200年前の言葉とは思えませんね。今でも人々の心に灯りを点し続ける。確かに偉大な人物だ。
15060822.jpg
13時過ぎの境内。空はまだ何となく明るい。
15060823.jpg
うろうろ徘徊開始。東門入った所。殆ど知られてませんがここの蓮も結構綺麗ですよ。
15060824.jpg
蓮の真ん中に「宝蔵」あり。再度言いますがこの床板にはなんとあの羅城門の門扉を使用しているらしい(金堂の扉もその羅城門の扉をそのまま使用しているらしいがどの扉でしょうか?正面大きな薬師如来前の扉かな?・・凄すぎる!)。・・紫陽花見頃に。
15060825.jpg
短足はうろうろ闊歩。国宝大師堂(御影堂)へこそこそ入る。
15060826.jpg
後ろ側の毘沙門堂に咲く紫陽花
15060827.jpg
角度変えパチリ
15060828.jpg
北(総)門から外を眺める。21日の弘法さんはこのずっと先の北門まで露店がびっしりです。
15060829.jpg
だだっ広い境内一番南、南大門横。八嶋殿=八嶋神社の事ですね。神仏分離令は徹底され破壊をまぬがれこっそり名前を変えたものでしょう。ここの一株の紫陽花がなぜか毎年気になる。・・咲いていました、あはは。
15060830.jpg
南大門横。ここは有料境内で入れない。こちらには立派な紫陽花が結構あるようです。
15060831.jpg
同じく。しがない庶民は柵に持たれズームでパチリンコン。
15060832.jpg
13時31分さらば東寺。大宮九条、東寺南東角。東側の塀が再び修復で覆われてます。東寺建立の時代から全く変わらずそのままの場所に何度も塀を築いているそうです。
15060833.jpg
13時54分、スーパーで買い物済ませいつ降って来ても良い体制でJR京都駅裏手、八条口の某ホテルさんの紫陽花をパチリ。
15060834.jpg
毎年新幹線をバックに撮るのですが今日は待ちきれなかった。ついに雨がポトポト・・。
15060835.jpg
脇目も振らずチャリは油小路を必死で漕ぐ。途中、ふとお西さんの畑の花が目に留まる。
15060836.jpg
矢張り君も雨が不安かい?間もなく土砂降りだよ!あはは。
15060837.jpg
ここのユリが結構綺麗です
15060838.jpg
かなり植えられています。油小路正面角。
15060839.jpg
茅の輪くぐりは殆どの神社30日一斉に行われます。こちらの若宮さんは街中、若宮通りの方。一応こちらが本家。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR